カテゴリー「モータースポーツ全般」の記事

2011年12月12日 (月)

NISMO FESTIVAL 2011に行って来た!! その3

という事で、またまた前回の続きネ。

というか、このネタで引っ張っている間に東京モーターショーも終了してしまった・・・・・・sweat02、まぁ、ワタクシは今回行って無いからどうでも良いんだけどネcoldsweats01

今回は、ピットガレージに展示してあった往年?のNISMO製(日産ワークス製?)のプロトタイプ・レースカー(つまりル・マン仕様車ネ)や旧JGTC車などの画像うpで、さらぁ~~とネ

011_r92cp_1_1024x659

006_np35_1024x636

017_np35_1024x658

008_r390gt1_1024x660

018_r390gt1_1024x669

004_r391lmp1_1024x681

019_r391lmp1_1024x631

016_1024x678

ちなみに、一番上の画像のR92CP・カルソニック車の前年版R91CPは、往年の名ドライバー・トリオ、長谷見昌弘/星野一義/鈴木利男で92年のデイトナ24時間レースを制しているのよネ!!日本車で日本人によるデイトナ24時間制覇はやはり快挙という他無いだろう!!

現在のデイトナ24時間レースは、エントリークラスがル・マンなどのLMP1クラスからIMSAのWSCクラスに変わってしまった為、ヒジョーにローカル?な感じになってしまったけど・・・・・・・、当時の、この日本人トリオが24時間で走破したラップ数は大会記録(レコードホールド)となっているらしい!!・・・・・スゲェdash

個人的には、R92CPの下のNP35がヒジョーにカッコいいと思うネ!「SWC(グループC後の世界スポーツカー選手権)参戦の為に開発してから国内のプロトタイプ・スポーツカー・シリーズ(JSPC)に僅か1戦の参戦で終わってしまった‘悲運のマシン’という事らしいが!?

当時最強だったプジョー905とのバトルを想像してしまうネimpact

053_1024x648

054_1024x665

055_1024x688

056_1024x631

例によってヒジョーに写真が粗いが(スマン!)、これまでのNISMO製JGTC、スーパーGT参戦マシンによるデモ(模擬?)レースの画像ネ。

またまたちなみにだけど、これまでの全ての画像はiPhone4sのカメラのみで撮ったモノなのネ。静止画像だけでいえば、iPhone4sのカメラだけでほぼ全て賄えてしまうほどの写り具合だと思う!が、さすがに高速で動いているモノや望遠となってしまうとチョット辛いかナァ~~やっぱ・・・・・。iPhone4sって、連射モードがあったっけ???まだちゃんと把握していないのに、あえてiPhone4sのカメラだけで試してみようと思ったワタクシでしたcamera

063_r390gt1_1024x682

チョット判りずらいかも知れないが、鈴木亜久里氏がR390GT1でデモランに向かう前の写真。フェステバル終盤に行われたNISMO歴代マシンによる競演での一コマ?

Img_0297_1024x658

Img_0298_1024x695

当日の個人的おみやげはやはりコレ!GT500・IMPUL/CALSONIC・GT-Rのミニカーネ!バーゲン品で、2009年シリーズの富士仕様車との事。

というか、実はワタクシあまりスーパーGTに関しては詳しく無いsweat02んだけど、今回のNISMO FESTIVALに行ってからヒジョーに興味を抱いてしまったのネ!それに実際のGT500マシンが、TVや動画で観るよりも全然速いというのも判ったし!まぁ、フォーミュラと比べたら・・・・・・というのもあるが、ハコのマシンとしてはヒジョーに速いと実感致しました!!

で、・・・・・・・このGT500仕様の35GT-Rに完全心奪われてしまいましたの・・・・・・・ヨheart04

来季はスーパーGTシリーズとGT-Rからも目が離せなくなってしまったか・・・・・・ナ??

というNISMO・FESTIVAL 2011でしたsun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

NISMO FESTIVAL 2011に行って来た!! その2

034_1024x686

イヤぁ~~・・・・・・・、ホント今週はバテた・・・・・・・、マジでwobbly

多分、先週の‘NISMO FESTIVAL’帰りの例の東名事故渋滞のせいだと、個人的には思うのよネ・・・・・。でも‘復活っーー’したので続きを書くヨimpact

しかし、この1日の疲労感が約1週間も続くなんて、・・・・・・ワタクシも歳を取った?という事なのかナ・・・・・・・sweat02・・・・・・・まぁイイか??

でもって続きだけど、ワタクシは友人FとMさんに誘われ、FISCOで行われる‘NISMO FESTIVAL’に 久々(FISCOは2008年のF1以来)に出掛けて来たのデスよ。ワタクシは格段「日産ファン」というワケでは無いけど、Mさんの会社がとある‘添加剤’メーカーの販促協力をしている為、‘顔パス?’でパドックの中までマイカーで乗り入れ出来るのデス・・・・Mさんってスゲェーーimpact マジで!!FISCOのパドックに入った事自体が初めてなのに、駐車場では無く、パドックへマイカーで乗り入れするなんて、まさしくVIP気分crown 

で、ナゼに‘NISMO FESTIVAL’かといえば、Mさんが販促しているその添加剤メーカーが、懐かしの復刻?「TS・サニー」レースにエントリーしている、あるチームをサポート(スポンサー)しているからなのデス。この‘NISMO FESTIVAL’でもレース(なんとKGC10・GT-R3台との混走!エキシヴィジョンなのかナ??良く判らずsweat02)が行われたのネ。

031_1024x682

028_1024x768

025_1024x669

上の画像のTSサニー仕様車のボンネット上に大きく添加剤ブランド名が貼られておりますナ!!当然の事ながら、ボンネット内は、往年のOHC名機「A型エンジン(A12?かナ?)」のフルチューン・ハイコンプ仕様(詳細は判らずsweat02)がコンパクトに収まっております。ちなみに、燃料供給系はウェーバー・55φキャブレターでは無く、ルーカス製(多分?)スライドヴァルブタイプの機械式インジェクションでした!!東名自動車製ヘッドカヴァーが輝いておるネ、ヒジョーにカッチョ良いdash 

パドックからスターティング・グリッドに向かうTSサニー群は、素晴らしいエキゾーストノイズを響かせておりました。完璧なレース用のチューニングを施したエンジンでは、キャブやインジェクションが奏でる吸気音よりも排気音の方が全然デカいのネ、やっぱ!マフラーもストリート用とは違って完璧に直管だしネ!!

お客さんで溢れているパドック内を、強化カヴァーとメタルディスクで武装しているクラッチ系をコントロールして人混みを抜けるのは、見ていたワタクシにも大変そうなのが判りました(この絶妙さは使った人にしか判らない)

038_1024x656

で、ワタクシ達はパドック内から、すぐ裏のヘヤピンに移動してレース観戦。ちなみにMさん販促サポート7号車は、予選4番手!スタート・・・・・・だったのですが、マシンの調子がイマイチだったのか、このヘヤピンで3台ほどに抜かれ、結果7位(確かsweat02)というリザルトでした。

ちなみにKGC10・GT-Rレース車両は大事なヒストリックカーの為なのか、本気では走っておりませんでした、やはし!?スゲー遅い!?というか、オフィシャルカーの‘35GT-R’の方が、レース車両のサニーやKGC10より断然速い!!・・・・・・というのは当たり前なのか??・・・・・・・・35GT-Rが驚異的なのか??

030_1024x670

046_1024x706_2

049_1024x670_2

048_1024x768_2

コースを潜り抜けたメインスタンド裏では、ロードカーの「35GT-R」が3台ほど展示されておりましたゾ。

このGT-Rというクルマ、ナゼかヒジョーにカッコ良いgood というか、クドいがワタクシは別に日産ファンというワケでは無いけど、このクルマにはナニか特別なインパクトを受けるのヨ。それは街中で見かけるGT-Rでも同じで、その存在感の中に‘美しさ’とか‘カッコ良さ’とかを超越した‘ナニか’を感じるからであって、それをあえて言葉で表せば多分‘凶暴さ’という表現に近いように感じるのダ。あるいはそれを象徴しているのかも知れない。

公道上で見かけるGT-Rは、乗用車というにはやはり異質な存在だ。そのスタイリングとエンジンが発する排気音の強烈さで、現れた瞬時に、あたかも辺り一面の空気を一瞬にして支配してしまうかの様な錯覚とパワー感(オーラ??)をワタクシはいつも、どうしても受けてしまう。それはまるで「ナニを起こすか判らない」的な危うさに近く、・・・だからからか、街中で出会うGT-Rからはどうしても視線を外せなくなってしまうのダ。

それは同じ様に街中で見かけるフェラーリやランボルギーニ、あるいはポルシェなどから感じるカッコ良さや美しさとは完全に異質なモノなのダ。あるいは、GT-Rのスタイリングがそれらのエキゾティック・スポーツカーと全然似ていないからかも知れない。GT-Rのスタイリングは、‘流麗’というよりは‘武骨’な感じダ。まるで車高(地上高)を極端に低く抑えた‘装甲車’の様なイメージをワタクシは見るたびに抱いてしまう。しかし、ナゼか欧州製の‘流麗’なエキゾティック・スポーツカーに負けず劣らずヒジョーにカッコ良く感じるのダよ。

ハナシが少し脱線したところで、またまた次回に続くsoon

が、

前回チョットだけ触れたこの事故渋滞の事を少し。

コレのせいで楽しかった1日の気分は全て藻屑と消えまし・・・・・・たweep というか、「道路公団(じゃなくてNEXCO東日本か)」!!、午後2時50分に起きた事故の影響なら、あるいは、そのせいで一部区間通行止めにするなら、午後5時過ぎ以降も料金所開けておくなヨsign03 大井松田で通行止めなら、はなから中央道の方に廻れたのにsign03

ちなみに、ワタクシ達の帰路時間帯は、御殿場アウトレット帰りとNISMO FESTIVAL帰りのクルマがバッティングしてしまい、渋滞のピークタイムだったと思うネdash ワタクシ達が掴まってしまった場所は大井松田からまだ約17キロメートルぐらいの地点で(ポストで確か69.2キロ地点)、完全停止状態でした。

交通情報もイマイチちゃんと情報更新が出来てなくて、完全停止渋滞の中、今後どれくらい渋滞が続くのかまったく判らず・・・・・・・・そうなってくると、まず不安となってくるのが‘おトイレ’の問題。ちなみにこの時の進行状態は1時間で1キロメートル!!ぐらいのペース、しかも大井松田ランプの先までパーキング・エリアが無い山間部という状況!!

幸運にもワタクシ達はまだ尿意を感じてはいなかったが、他のクルマの中にはやはり我慢しきれない方々がいた様で、路肩にクルマを停めて用を足しておりました・・・が、男性は確かにそれで済みますが、女性となると・・・・・・・。しかし、やはり我慢出来ない女性の方達もいたようで、同じく路肩に停め、高速道路に接している草むらに、ガードを乗り越えて入って(ヒジョーに危険!)・・・・・・・多分、用を足しに行っていたようです。

ワタクシ達は、渋滞に掴まってから3時間ぐらい経過してからそろそろやはしトイレの必要性を感じたので、丁度あった高速路線バスの停留所に入り、「ここから下に降りてけばナンかあるだろ?」と降りて行ったところ、場所は山の中、ナニもありませんでした。

なので、結局立ちション・・・・・・、用を足して停留所に上がったところ、次から次へとクルマが駆け込んで来ました。考える事はみな同じようで。しかし、中には高齢の女性もいて、・・・・・気の毒にやはり草むらできっと用を足したのでしょう??

ちなみに、停留所には簡易トイレが設置されているにも関わらず、南京錠がしっかりと掛かって使えないようになっていました。

「ナンの為に置いてあるトイレなんだヨ、NEXCO東日本!!」

と怒りの感情を抱いたのはワタクシ達だけでは無いでしょう!!大体事故により通行止めになっているのにも関わらず、料金所は閉鎖していない、道路上の電光掲示板も「調整中」で表示しない、渋滞でイヤな思いをする、なのに料金だけはしっかりと取る、ではワタクシ達利用者は全く納得がいかないヨ。

せめて、御殿場―大井松田間は無料にするとかの配慮とかないのかネ、エっ、どうなの

NEXCO東日本!!」

・・・・・・・ワタクシ達は4時間後の午後9時ぐらいに事故処理も済んだ様で、ようやく渋滞解消で開放されました。がその時点でまだ大井松田の10キロメートルぐらい手前でした・・・・・・・。こんな渋滞、ワタクシは初めての経験デス!!

ウチに着いたのは午後11時ぐらい、ホントだったら8時ぐらいには帰宅出来たはずなのに・・・・・・せめて日付が変わる前に着いたのが救いでした・・・・・・・・・トホホcatface

今思い出してもホントに腹が立つ!

NEXCO東日本!!」

・・・・・・・・・・・、

という事で次回へsoon(しつこい?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

NISMO FESTIVAL 2011に行って来た!!

040_1024x652

・・・・・・・・・・という事なのですが、

・・・・・・・・・・、楽しくFISCOで過ごした後、夕方早々と帰路に付いたにも拘わらず、厚木―大井松田区間で起きた事故の為に東名が通行止めとなってしまい、ワタクシ達(後に説明する)は東名高速上で身動きがとれなくなってしまった・・・・・・のデスdash

なので、ワタクシは本日の仕事を‘遊び疲れ’のままナンとかヤりすごし、今ヒジョーに疲労困憊しているので寝ますsleepy

詳しくは次回・・・・・・という事でwobbly

002_1024x666

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

2011 F1 韓国GP & IZODインディカー・FINAL Round ラスベガス 予選結果

Photo

F1第16戦韓国GPの公式予選は、マクラーレンのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークし、今シーズン初のポールポジションを獲得した。小林可夢偉(ザウバー)は14番手だった。

韓国GPのポールポジションを決する予選Q3には、レッドブル、マクラーレン、フェラーリ、フォース・インディアの各2台とメルセデスGPのニコ・ロズベルグ、ロータス・ルノーGPのビタリー・ペトロフという10台が進出。Q1ではウイリアムズのルーベンス・バリチェロが脱落し、Q2でも可夢偉、ミハエル・シューマッハーらがQ3進出を逃した。

注目のQ3では、フリー走行からレッドブルを上回る速さを見せたマクラーレン勢が最初のアタックからリードを奪い、Q1、Q2でトップタイムをマークしたハミルトンが最後のアタックでもベストタイムを更新する1分35秒820の最速タイムをマークした。

一方、開幕からの連続ポール記録がかかっていたレッドブル勢は、セバスチャン・ヴェッテルが最後に意地をみせたものの、ハミルトンにはコンマ2秒届かず、マーク・ウエーバーも4番手に終わった。

マクラーレンはジェンソン・バトンも3番手につけ、フロントロウ独占はならなかったものの、チームとハミルトンは2010年のカナダGP以来となる今季初のポール。通算ではハミルトンが19回目、参戦700戦目のマクラーレンにとっては147回目のポールポジションとなった。

フェラーリ勢はフェリペ・マッサが2戦連続でフェルナンド・アロンソを上回り5番手を獲得。ロータス・ルノーGPのペトロフは8番手タイムをマークしたが、フォース・インディア2台はノータイムでセッションを終え、9番手ポール・ディ・レスタ、10番手にエイドリアン・スーティルとなっている。

IZODインディカー・シリーズの今季最終戦ラスベガスは14日予選が行われ、トニー・カナーン(KVレーシング/ロータス)が現行規定で最後のポールポジションを獲得した。佐藤琢磨(KVレーシング/ロータス)は16番手だった。

 シリーズ最終戦ということもあり、大量34台のエントリーを集めた最終戦ラスベガス。「長い期間、高い信頼性と優れたパフォーマンスでチームとシリーズを支えてきた我々のこのエンジンを誇りに思う」とHPD代表のエリック・バークマンが語るとおり、現行規定での最後の予選でポールポジションを獲得したのは、連続2周の合計タイムで50秒0582をマークしたカナーンだった。

「シーズン開幕前にKVレーシングから参戦が決まり、最終戦でようやくポールポジションをプレゼントできたんだから嬉しいね」とカナーン。それに続いたのはオリオール・セルビア(ニューマン・ハース)だった。

 3番手にはエド・カーペンター(サラ・フィッシャー)、4番手にはアレックス・タグリアーニ(サム・シュミット)が続き、ペンスキー勢の最上位はライアン・ブリスコの5番手に。チャンピオンシップを争うふたりは苦しい展開となり、17番手にウィル・パワー(ペンスキー)、18番手にダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ)となった。

 そのタイトルを争うふたりの前のポジションとなったのが佐藤琢磨。「第16戦ケンタッキーから単独走行でのスピードが伸び悩んでいます。昨日のプラクティスで決勝用の集団走行でのマシンのハンドリングがいいレベルにあると確認できたため、今日のプラクティスでは予選に向けて単独走行ばかりを行っていました」と琢磨。

「決勝のマシンについては集団についていけるものが確保できているので、難しい戦いになるとは思いますが、精一杯戦いたい」と決勝でのリベンジを期していた。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

IZOD インディカー Round 14 ボルチモア 決勝結果& その他トムのレッドブル・ドライブ動画とか・・・etc?

Baltimoregp_race

チョット、更新が遅れてしまった。

運悪く予選最下位になってしまった佐藤琢磨クンのリザルトは見るべきモノが無かったネェ~~・・・・・・・。

まぁ、仕方ないか??・・・・・調子上がって来ているのに。

でもって、今回は今更なんだけど、ハリウッド俳優のトム・クルーズがレッドブルのF1マシン(多分RB5?)をテストドライブした時の画像と動画でも貼り付けておこうかナ・・・と・・・・・・・ホント今更なんだけどネ

YouTubeはナンと埋め込み禁止になっていた!ので、デイリー・モーション動画でどうぞmovie

_bilder_2011_110824_z1314171918

_bilder_2011_110824_z1314171864_2

_bilder_2011_110824_z1314171878_2

_bilder_2011_110824_z1314171980_2

テスト走行は8月15日、南カリフォルニアのウイロー・スプリングスで行われ、デイビッド・クルサードがサポートを行ったようだ。

以前はNASCARにスポット参戦するほどの(調度「デイズ・オブ・サンダー」の頃ネ)モータースポーツ好きで知られるトムだが、F1マシンをドライブしたのはこれが初めて。というか、超メジャーな人間でもF1マシンのテストドライブはめったに出来るモノじゃナイ!!

レッドブルからのご招待という事らしいが、トムの新作「ミッション・インポッシブル(ゴースト・プロトコル)」とレッドブルがナニか関係しているのかナ??判んないけど・・・・・・。

ちなみにトムのレースのおっ師匠さんは、今は亡き名優ポール・ニューマンなのよネ。ポールも大のレース好きというのは有名で(以前に当日記で書いた)、CART~IRLインディカーの「ニューマン・ハース・レーシング」は彼が共同オーナーだった。マリオ、マイケル・アンドレッティ親子や、93~94年には92年F1チャンプのナイジェル・マンセルも在籍していたメジャーチームだったネ、・・・・・・今は寂しいモンだけど・・・・・・sweat02

No_8_kimi_c4

大分前に予約していたixo製シトロエンC4キミちゃん車がようやく来た!

欧州では相当以前にリリースされていたのにも関わらず、やっと国内入荷。どういう事なの??2010年車だというのに!? というか、ミニチャンプスも2010年本戦F1がようやく動き出したようだし、今月から予約していたミニカーがワンサカと入荷しそうで戦々恐々sweat01なのよネ!・・・・・・・ヘソクリが・・・・・・・・・・・sign02

詳しくはそのうちにネcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

2011 F1 ベルギーGP & インディカー Round 13 ソノマ 決勝結果

Photo

Indygp_of_sonoma_race

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

2011 F1 ベルギーGP & インディカー Round 13 ソノマ 予選結果

今日は(も?)さら~~っとネsweat01

Gp

Indygp_of_sonoma

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

IRL第7戦 ミルウォーキー予選結果 & L・ハミルトンxT・スチュワート‘Seat・Swap’動画

アメリカの伝説的オーバルトラック‘ミルウォーキー・マイル’での1戦。

全長1.032マイル (1.619km) 、ストレート長は両ストレート共通で1.265フィート(385.6m)、バンク角はターン9.25度ストレート2.5度と、まさしく‘すり鉢’の短いトラックだ。

1903年に開業した世界最古のレーストラックであり、ダート・コースとして1953年にまで運用された。1954年にアスファルト舗装されてからは、旧CARTシリーズ、NASCAR、そして現在のIRL・IZOD・インディカー・シリーズが行われている。

今回の予選では、佐藤琢磨が所属する「KV・レーシング・テクノロジー」のマシンが‘4・5・6位’のグリッドを確保!インディ500、テキサスとオーバルトラックでのスピードが今季は安定して来ているように思う。

Milwaukee_225_qr_2

イマイチ結果がついて来ない佐藤琢磨クンだが、そろそろポディウムに上って欲しいもんだネ!?

そして先週のカナダGPの後に行われた、‘Mobil 1’と‘Speed TV’主催の「Seat・Swap」の動画。

1980年までF1アメリカGP(イースト・GP)が行われていたワトキンス・グレンでの今回のSeat・Swapは、NASCARのスタードライバーであるトニー・スチュワートの‘シボレー・インパラ’と、2008年F1チャンピオン、ルイス・ハミルトンの‘マクラーレン・メルセデスMP4-23’のシートを交換してそれぞれドライブするというモノ。

Seat_swap 

ワトキンス・グレンは現在、インディカー、NASCARの数少ないロードコース戦が行われている。アップダウンが多く、西海岸の‘ラグナ・セカ’に次ぐ美しいレース・トラックだと個人的には思うネ!

某サイトでもこのイベントの動画がアップされていたが、全編HD版での動画をあえて貼り付けておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

2011 カナダGP & ル・マン24時間レース & インディカーRound 6 テキサスのリザルト!

今回は各レースのリザルトの貼り付けsweat01

ル・マン24時間レース 決勝結果

2011y06m13d_223726326 2011y06m13d_223753414

カナダGP 決勝結果

2011y06m13d_221857078

IRL IZOD インディカー Round 6 テキサス戦 決勝結果

Race1

Race2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

2011 F1 カナダGP & インディカーRound 6‘テキサス’ 予選結果

ル・マン24時間レースは現在イエローコーション中(ペースカー・ランニング?)のようだが・・・・・・、今週末は忙しいネェ~~!?

インディカー・シリーズは、前戦のインディ500に続いて‘オーバル’戦のテキサス。2ヒート制で行われる今回の第一レース予選で、佐藤琢磨が予選4番手をゲット!!オーバル・コースの予選リザルトではベスト・グリッドだ!!

Photo

Rd6_texas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧