カテゴリー「F1」の記事

2013年6月 9日 (日)

2013 F1 カナダGP 予選結果

Photo

ロータスのキミ・ライコネンとトロ・ロッソのダニエル・リカルドにグリッド降格ペナルティが科された。両名はカナダGP決勝レースを予選結果より2つ後方のグリッドからスタートさせる。

ライコネンとリカルドはQ2再開時にファストレーンではないところから発進したため、処分を受けたとのこと。

予選Q2でフェラーリのフェリペ・マッサがクラッシュしたことを受けて赤旗が掲示され、セッションは数分間に渡って中断。残り時間が2分を切っていたため、再開後にクリーンナップを走るべく、多くのマシンがピットレーン出口に殺到し、行列ができた。

しかしながら、ライコネンとリカルドはスタート練習の場であるピットのファストレーン左側にマシンを並べており、結果的に2グリッド降格処分が下されている。

予選はライコネンが9番手、リカルドが10番手につけており、ライコネンへの処分が先に適用されて11番グリッドに後退するものの、それによって9番手に上がるリカルドも同等のペナルティが科されるため、最終的なグリッドはライコネンが10番手、リカルドが11番手となる。

予選を通して上位勢のペースに匹敵できず、レースはチャンピオンシップのライバルはおろか、ウィリアムズのバルテリ・ボッタスやジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)の後方からスタートすることになったライコネン。ウエットコンディションがロータスに合っていなかったと言う一方で、レースがこれ以上悪くなるとは思えないとも話している。

「今朝はドライで3周しか走れなかったし、昨日よりはよかった。でも燃料が多くなる明日がどうなるかを説明するのは難しい。昨日の夜にマシンを変えているからね。ただ、僕たちはいつも燃料の重い方が強い。どんな場合でも今日以上に悪くなりようがないと思うから、改善して良いレースができると思っている」

また、9日(日)のコンディションがドライになり、気温が高くなることを願っているとも明かしたライコネンはこう続けた。

「こういう寒い気候が僕たちにうまくはまったことは一度もない。タイヤをしっかり機能させられないんだ。それがかなり難しくさせているけど、まあそういうものだし・・・。明日の、レースの天気がどうなるか見てみないと。ドライになるっていう予報もあるし、今日みたいなコンディションだっていう予報もある。ドライになれば僕らにとってはもうちょっと楽だろう。何ができるか考えてみる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

2013 F1 バーレーンGP 予選結果

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

2013 F1 中国GP 予選結果

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

2013 F1 オーストラリアGP 決勝結果 2ストップでキミちゃんが開幕戦を制す!!

Photo

キミ・ライコネン(優勝)

「チームのためにも、僕自身のためにもうれしい結果。週末を通して素早く判断し、何の問題もなかったから、別のことに集中できたんだと思うし、自分たちの思うようにやれたんだと思う。フリー走行をやってみて、タイヤについては問題ないだろうという良い感触があったし、チームは完ぺきな戦略を用意してくれた。スタートでいくつかポジションを上げて、その後はルイス(ハミルトン)といいバトルができたけど、それ以降はかなり単純だった。たぶん、今までの中で一番楽な優勝かも。初戦を勝利で飾る以上にいいシーズンスタートはない。もちろん、チャンピオンシップの上位で戦えることを願ってはいるけど、まだまだ先は長いし、必死にプッシュし続けないといけない」

エリック・ブーリエ(チーム・プリンシパル)

「とてもハッピーだ。キミが最高のスタートを決めてくれてから、表彰台フィニッシュはいけるだろうと思っていたが、レースが進むにつれて、他チームがピットインするところを見ていくと彼らが3ストップ戦略を採っていることが分かり、われわれのポジションがどんどん強化されていった。シーズンをこのような形でスタートさせられて最高の気分だ。キミは週末を通して申し分ない走りを披露してくれ、チームにすべてをもたらしてくれた。ロマンは難しいレースだった。何がダメだったのか分析しなければならない。今回の優勝はエンストンでハードワークを続ける皆にとってさらなる褒美だ。すべての従業員に感謝したい。最高のポジションでマレーシアに向かう」ジェームズ・アリソン(テクニカルディレクター)

「今日のレースは見事だった。この仕事に関するすべてのものに勝ちを持たせてくれるような一日だ。そして、それはチームに携わるすべての者にとって真実だろう。最高だ。実際のグリッドポジションよりも優れたペースがあると分かっていたから予選の後は少しヘコんだ。それでも、金曜日に確認したようにロングランのペースには自信があったので、2ストップ戦略をうまく生かせると思っていた。タイヤが最後までもたないかもしれないといったような不安は一切なく、メトロノームのようにラップタイムが刻まれるところを見るのはうれしいものだ。できれば来週末は2台揃って今回のキミの最高のパフォーマンスを再現できるといいのだが」

Win1

Win2

Win3

Win4

Win5

Win6

Win7

Win8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

2013 F1 オーストラリアGP 予選結果

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

PMA 1/43 ロータスE20 K・ライコネン車が到着!!& 2013 F1ニューマシンが続々と発表!!

いよいよ今シーズン開幕に向かって各チームのニューマシンが続々と発表され始めましたネェ~~dash

この時期はまだどのチームもドライバーも何故か‘ホンワカ’したムードで意気揚々としているが、これがいざシーズンインとなり、第1戦が終わった段階でヒジョーにピリピリとした空気に変貌していく様は毎年の‘年中行事’みたいなモノなのよネ、勝った1チーム、1ドライバー以外はネ?

では、我がキミちゃんの今シーズン用愛機「E21」からどぞdown

E211
E212
E213
E214

我がスクーデリアのニューカー「F138」。今シーズンから許されたステップノーズを隠す為のフェアリングが装着されていて、見た目にはやはりこちらの方が美しいネェ。

Ferrarif1381
Ferrarif1382

オマケ?にマクラーレン・メルセデス「MP4-28」down

Mp428_2

真打レッドブル「RB9」はいよいよ日本時間の今夜発表・・・・・・だよネ?

そんでもって、去年の夏ぐらい?だったかナァ??予約していたPMA1/43 ロータスE20 K・ライコネン車がようやく到着したのれすネ。

詳しくは次回以降でsoon 先に購入していたスパーク製1/43のE20‘モナコGP’仕様と比較もしてみるつもり・・・・・・れすsweat02

Pma_lotuse20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

ゴールデンウィークといえば・・・’アイルトン’の命日・・・・・・。その3

Senna 例年5月1日になると、お約束に様にこの話題で書いている。

本当だったら、友人Sクンに戴いたPMAのセナ・コレクションのお披露目が続いていたのだろうけど、イマイチそんな気分にもならず、・・・・・・・まぁ、近い内に再開するつもりではいるのですけど・・・・・ネ。

アイルトンが他界してから17回目のゴールデンウィーク、特に今年は東日本大震災が起きた後だから、なおさら憂鬱に受け止めてしまう。でも、何が起きてもこの日だけは、個人的に忘れる事は出来ないようだ。

昨年にアイルトンの生涯をテーマにして創られた映画が公開されたから、余計にそう感じるのかも知れない。ワタクシは、映画館に直接観には行かなかったけど、当然ながらDVDは購入して自宅で観賞致した。

劇中、使用された映像の数々は既に何度も目にした、あるいは脳裏に焼きついたままのアイルトンの勇姿だった。

スクリーンの中の彼の眼は、サーキットの中では相変わらず何処か遠くを見詰めているみたいな寂しそうな眼であり、家族と過ごすプライベートタイムの時の活き活きとした眼とは明らかに違っていた。

彼はサーキット内でそんな眼をしていても、F1を、モーターレーシングを愛していた事に疑いの余地は無かった筈だ。

以前にも書いたと思うが、彼は常に強大な「壁」と闘っていたからだろうと思う。多分、相当な覚悟の上でその「壁」と常に対峙していたのではないだろうか。彼の寂しげで憂鬱そうな眼はそこから来ているように思う。

「出来れば、78年か79年の頃に戻りたい・・・・・」

彼が劇中呟いていた言葉だ。何の利害も無く、純粋に楽しんで、勝ち続けたカート・レース時代。

天賦の才能に溢れていたアイルトンはやがて必然と世界の頂点に立ち、地上のあらゆる物全ての前にその姿を曝け出された。矢面に立ってしまった彼に‘望んでいない’、‘意味も無い’「壁」との対立が始まってしまう。

F1の中で蔓延っていた旧大陸的な「貴族主義」とその価値感が、知らず知らずの内に彼を取り囲んで行ったに違いない。それはきっと彼を苦しめ、挫折感を与え、絶望に等しい感慨さえ抱かせた事だろう。

アイルトンの何処か憂いで悲しげな眼は、それらの「壁」と生きる限り、闘い続けなくてはならないと決意した時からなのではないだろうか。

退路を断ったのだ。

震災後の復興に右往左往する我が国の政府。

今後どれくらいの期間が掛かるか、どんな道筋で復興して行くのかは、誰にもはっきりとしたイメージは出来ないのかも知れない。それは原発の問題もひっくるめて存在する。

だからこそ、我が日本の指揮官たる首相にも、そんな「退路を断つ」覚悟と判断速度が求められている。

「ボクにとっての一番偉大なチャンピオンは‘アイルトン’!!」

2008年に世界王座に輝いた黒人初のF1チャンピオン、ルイス・ハミルトンの言葉だ。彼のヘルメット・デザインは、アイルトンのそれを似せて誂られている。

アイルトンの強い意志と、彼への尊敬の念は、今も何処かで沸々と想い伝わっている。

そしてそれは永久に消える事は無いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

ゴールデンウィークといえば・・・’アイルトン’の命日・・・・・・。その2

今年もやって来た‘憂鬱’となってしまうゴールデン・ウィーク・・・というか5月1日・・・・・・・。特に今季は、ワタクシまったくテンションが上がらず仕舞いで、更に憂鬱・・・トホホsad

ここ毎年、この日になるとアイルトンのことを書いていると思うが、書かずにはいられないというか、・・・・・・「彼」の為にも書かなくていけない!と最近は思ってしまうのダ。

とは言ってみても、ナニを書こうか?なんて悩んでしまっている次第で・・・・・sweat02 でもって、例によりYouTubeのアイルトン・ネタをパラパラと検索。・・・・・こんなのがありましたdown

1990年日本GPでのレース前ブリーフィングでの出来事。

1990年の日本GPといえば、スタート直後の「8秒間」で、アイルトンとアラン(プロスト)のバトル(あるいはタイトル争い)が決してしまったという、ワザワザ鈴鹿まで観戦しに行ったお客さん達からしたら‘悪夢’のようなレースとして記憶に残っている。

この映像のブリーフィング後の決勝レースで、アイルトンは、スタート直後の第一コーナーアプローチでアランの‘フェラーリ・641’にワザとぶつけてしまうのだ

ナゼに、アイルトンはそんな愚行に及んだのか?

・・・・・というのが、前年の日本GPで起きたシケインでのアランとの接触、その後エスケープ・ロードからコース復帰した事による‘ショートカット’でアイルトンの失格処置と・・・・・・が、映像にもあるように、1981、83、87年のチャンピオンであるネルソンが、シケインでの接触、あるいはコースオフした際、コース復帰はエスケープ・ロードを通過して最終コーナー側に出なければ危険だと、Uターンして後続車と正対しながらのコース復帰ほど危険なものはナイと発言した。これに対して、ブリーフィングに出席したドライバー全員とオフィシャルが同意、承認された・・・・・・・直後にアイルトンは‘キレて’ブリーフィング・ルームを退席してしまう、「去年のボクの行為は正しかった」と言葉を残して・・・・・・。

つまり前年の、1989年の日本GPでのアイルトンの失格というのはナンだったのだろう?シケインでのアランとの接触に関しては‘レース・アクシデント’として扱われ、エスケープ・ロードを通過してコース復帰したことが‘ショートカット’と判断されて失格となった。が、ネルソンが言うように、シケインでのアクシデントによるコースオフした際は‘ショートカット’してコースに復帰するのが順当だと、他のドライバーやオフィシャルは当然のことながら同意しているのダ。

まぁ、‘接触’がペナルティの原因となるならば、それは映像を観る限りで言えばアランの方に接触の原因があり?アイルトンは、シケインのアプローチにて、アランの‘空いた’インサイドに飛び込んだだけなのである。アランは、アイルトンが飛び込んで来るのを承知で‘幅寄せ’した?のダ。

じゃ、ナゼにアランは「彼」をコース外にハジき出さんばかりの行為に及んだのか?

単純に言えば、チャンピオンシップを争っているライバル同士であり、確か・・・記憶がハッキリしないけど・・・アランがポイントテーブルをリードしていて有利な立場にいて、アイルトンはこの鈴鹿と最終戦オーストラリアを連勝しなくてはならず、しかもアランの成績次第という苦しい状況だったと思う。

つまり、アランからすればそんな切羽詰まった状況ではなく、そんな行為をしなくても無理せずタイトルを獲れたはずなのだ・・・・・が、この時のアイルトンの勢いは、そんな不利を平気で覆してしまいそうなチカラを(あるいはオーラを)持っていたのダ!だからアランは、鈴鹿でアイルトンをリタイアに追い込み、鈴鹿で自身3度目のタイトルを決めたかったのだろう?

結果的に、アランはリタイア、アイルトンはコースに復帰して、壊れたフロントノーズのままで1周し、それをピットで交換、バックマーカーになりながらもまさに‘鬼神’のドライビングで追い上げ、トップチェッカーを受けるという‘奇跡’まで起こしたのダ!!が、レース後にスチュワードが出した裁定は、アイルトンの失格・・・・・・というモノだった。しかもアランには何もお咎めナシ、・・・・・そしてタイトル決定という運びとなったのダ。

ナゼに(何度も言ってしまうがsweat02)FIAは、あるいは当時のFIA会長であるジャン・マリー・バレストルはそんな偏った裁定を下したのか?

当時、影で囁かれたのが、翌年1990年に控えていたフランス建国200周年、7月14日のパリ祭(Quatorze Juillet)の為だと云われていた。当時のフランス大統領であったミッテランが大号令を発し、90年のパリ祭までに各界のフランス出身著名人、プロフェッショナル・スポーツ界でのフランス人チャンピオンを集結させろ!というのがあったようだ?当然、グランプリ発祥の国であり、FIA本部があるフランスからすれば、F1世界チャンピオンとして知名度を誇る‘アラン・プロスト’の存在は当たり前であり、そのメンバーの中にアランがいないというのは物凄く‘不自然’なことだったであろう。

つまり・・・・・・、それを遂行する為に、フランス政府?からすればブラジル人であり、‘時の人’であった‘アイルトン・セナ・ダ・シルバ’はとても邪魔な存在だったことになる。

そのことを当時のアイルトンが意識していたかどうかは知らないが、ブラジル人のアイルトンが当時闘っていた相手は単にライバルとなるドライバー(あるいは人間)達だけではなく、そんな目に見えない‘大きな’敵とも闘っていたように思うのダ。アイルトンがよく被害者意識が強いと云われたのは、その辺に原因があるのではないだろうか?

基本的にグランプリの世界は‘白人至上主義’である。今でこそ‘黒人’の世界チャンピオン、ルイス・ハミルトンが存在するまでに柔軟となったが、当時のグランプリの世界では‘目に見えない’人種差別が水面下で横行しており、当時の日本人F1ドライバーもかなりイヤな思いをしたのではないだろうか?常勝エンジンだったホンダさえバレストルから「邪魔なイエロー」として敬遠されていたぐらいだった。

ワタクシ達人間は、成長していく過程において、誰にでも‘見えない’、そして‘巨大’な「壁」のようなモノが常に幾つも立ちはだかる。それは、対人間だったり、対組織、対制度、対人種、対宗教、対経済・・・・・・だったりするが、それらをひとつひとつ噛み締めて、乗り越えていく事に‘人’としての成長や強さが備わっていく。世界(社会)は常に‘平等’ではナイが‘公平’ではあるハズだと思いたい・・・・・が、それさえも怪しい世の中ダ。

そんな時、ワタクシ達‘人間’にはどんな能力が求められていて、どんなことが出来るのかというのが重要となってくる。最終局面では、組織や人脈だけに寄りかかっているだけでは救われないし、何も意味を持たない。死ぬまで自分自身と向き合って、‘それら’と闘い続けねばならないし、成長していかなければならないのダ。個人的な能力や意思の強さが必要なのダ。

当時、アイルトンが生きていた時代をリアルタイムで見ていて、‘白人’ではない彼が‘それら’に真摯な態度で立ち向かう姿勢や潔さには、誰もが感銘を受けたはずダ。世界中のファンは、アイルトン・セナという人物に、誰もが‘自身の投影’を行い、感情移入していったのではないだろうか?だからこそ、それは世界中で一大ムーブメントのような現象さえ起こしたのだと、個人的には考える。

Ayrton_senna_111

アイルトンの命日には、どうも色々と想いを巡らせてしまうナァ・・・・・・・(汗)しかし、ファンは5月1日を決して忘れるコトはナイだろう・・・・・。 

ちなみに、ブリーフィングの映像で発言しているネルソンが、90年の日本GPのウイナーとなるのはナンと皮肉なコトか・・・・・・・。

もっと皮肉なコトを言えば、アイルトンが事故死した時のマシン「ウィリアムズFW16」に搭載されていたルノー・エンジンが‘フランス製’だというコトだろうか・・・・・・・・・?

・・・今日も日が暮れていくナァ~~~mist

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

F1ニューカーラッシュだが・・・・・真打「RB6?」は!?

F1gundam3 久々の当日記の更新!・・・・・ていうか、更新サボっている間に今年のF1ニューカーがバシバシ発表された。

例年、チームごとに批評?めいたことを書いていたが、・・・今年はちょっとメンどくさいので纏めて貼り付けてしまおうっと思うsweat02

今んとこ発表されているのは、我がスクーデリア、メルセデスGP、マクラーレン・メルセデス、ウィリアムズ、ルノー、ザウバー、トロロッソ、ヴァージン、ぐらいかな?

しかし、ザァ~って一通り見てみると、今季はレッドブルRB5のイイトコ取り合戦に終始しているナァ~~、って感じるネ、ホント!?

Ferrari_007_3

Mclaren_002_5

一番最初にネット中継で発表された我がスクーデリアの「F10」だけど、・・・・・う~ん、どうなんだろうネェ~、どうしても後から出てきた他チームのクルマと比べてみても‘見劣り’するのよネ?はっきり言ってあまりカッコよくない!?っていうか、美しくないのネgawk

それに比べて、マクラーレン・メルセデス「MP4-25」はかなり個人的にはイケてると感じる!っていうか、かなりカッコいいと思うネ!かなりガンバった   ナァ~って・・・、とは言ってみてもRB5をシルバーに塗っただけ?みたいなとこもあるけど

Mercedesgp_101_3

ブラウンGPを買収して、新たにメルセデスGPとなり、チャンピオン最多記録ホルダーのマイケルを復帰させた去年のチャンピオンチーム!けっこうカラーリングが渋いネ!見た目の違いはノーズの凸凹がやはりRB5風、インダクションポッドの形状が三角状になった。それと長くなったホイールベースかな。というか、今季は燃料再チャージが禁止となり、タンク容量が大きくなったために、何処のチームもホイールベースが延長されている。

Williams_102_2

ウィリアムズも、メルセデス同様インダクションのインレット形状が三角に・・・・・。

Sansnomgaleriephoto518image1fr12649 

そして、我がジャックが最後まで加入のウワサがあったルノーR30。まぁ、いちようルノーと名乗っているけど、・・・・・もうすでにワークスチームとは真実には言えないよネ。実際にチームをオペレーションするのは、ナンとか?っていう投資会社なんだから?しかし、個人的には、このデザイン以外と好きなのよネェ~~。ただスポンサー・ネームが‘タトル’以外ナイというのはちょっと寂しい・・・・・。

だからこそ?カネ欲しさにロシア人ドライバーのペドロフが加入。まぁ、ロシア人初のF1ドライバー誕生ネ。

Toro_rosso_str5_010210

最強マシンの別ブランド?ともいえる、トロロッソSTR5!見た目はRB5のまんまっていう感じだネ!?本家の「RB6」の登場がとても気になるが・・・・・・・。

今年のニューカーの傾向は去年RB5が導入した凸凹ノーズにリアウイング・メインフラップまで伸びたシャークフィン、そしてサイドポッドからリアデッキにかけてを低く、狭く絞り込むという流れのようだけど、・・・まさかリアサスペンションまで‘プルロッド’タイプにしているワケじゃナイよネ??・・・・・よく見てないから、ワカンナイけど。

ナンか・・・・・メンどくさくなってきたのでsweat01続きはRB6が発表されてから・・・ということで。

[ 追記 ]

最近もミニカー増殖中・・・・・・・。やはりレッドブルRB5とセヴェ・ヴェッテルくんモノが、気が付くと?増えてるのネ(汗)

F1gundam1

F1gundam4                                                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

マイケル、メルセデスGP体制発表会で嵐の船出!?

26日(月)、メルセデスGPのチーム発表会の席で、ミハエル・シューマッハがメディアと衝突する場面があった。

シューマッハのようなスポーツマンはF1に不要と、1982年の世界王者ケケ・ロズベルグがモナコで発言したばかりであり、その息子のチームメイトとなる感想を聞かれた時の彼はまだ冷静で、「楽しみだよ」と答えていた。

Z1264428255

しかし、次の質問が彼の神経を逆なでしてしまったようだ。今回F1に復帰することにしたのは、疑わしい戦術に頼らずとも勝てるということを証明するためかと訪ねられると、シューマッハは皮肉を交えて反撃。「へえ。91勝、7度のタイトルは間違ったやり方でしか取れないんだ。そうか、それなら君の言う通りだね。(僕の力を)証明する必要がありそうだ」と吐き捨てた。

数字の問題ではなく、彼の勝ち方に関する質問だったと説明されると、シューマッハはこう付け加えた。「ああ、分かってるさ。僕はいつだって今の君たちのような態度で勝ってきたんだ」

シュツットガルトの発表会では、シューマッハとニコ・ロズベルグの力関係に注目が集まった。24歳のロズベルグが、同郷のシューマッハのナンバー2に甘んじるのかどうかという点だ。

Z1264425048

「速い者がナンバーワンドライバーになる――つまり、レースに勝つ者だ」とチーム代表のロス・ブラウンは言う。「われわれはベストを尽くして両ドライバーをサポートしていく」

その方針が真実かどうかは2月1日(月)、バレンシアで2人が新車MGP W01をシェアするときに明らかになるだろう。

しかし・・・・・・、華々しいプレゼンテーションの場で、水を挿すような質問を投げかけたプレスの‘勇気’にも拍手だが、・・・・・今更、もうイイんじゃナイ?って、アンチ・マイケル派のワタクシでさえ思ってしまう。

ジャックファンでもある、ワタクシとしては、過去そのマイケルの‘悪業?’にズーっと悩まされてきたのダ!・・・・・・・けれど、

・・・・・・、今季のジャック復活説に赤信号が灯り始めた?現段階では、ナゼかマイケルを応援してみようかナ??なんて気持ちも生まれ始めているのダ!?

ヒトの心理って、ビミョー・・・・・ネsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧