カテゴリー「ゲーム」の記事

2013年12月31日 (火)

今年もいよいよ・・・・・

48972batmanarkhamcitywiiu_2・・・・・終わりですネ・・・っていうか、ホント~~~に久々の更新でございますsweat02

いや~~、今年はほとんど当日記の更新もせず、一年が終ってしまいまいた。

なにげにF1のTV視聴も例年に比べ余り熱が入らず、気が付けば大してシーズンを追いかける事なく、ここ何シーズンか続いているヴェッテルくんのブっちぎりのワンパターンで終了致しました。そりゃ、観ないわな??

でもって、ワタクシがこの一年ナニをしていたか、といえばデスね、ゲームにハマっておりました。ハハハ~~ハァ~~~coldsweats01

コレですヨ、コレ。

バットマンのアーカム・シティ・アーマード・エディションでございます。

コレがヒジョーにオモシロイのデスよscissors

基本的に、PS3やXboxで発売されていたアーカム・シティのWiiUバージョンなのですネ。 

このWiiU版は、PS3とXbox版ではDLCコンテンツだった全てのバットマン・スキンやサイドストーリー版ゲーム(ハーレークインの復讐)などが最初からラインナップされているのデス・・・・・・・が、WiiU版ではネットに繋げたマルチプレイヤーモードが使えないっていうデメリットもございました。

しかしながら、PS3やXbox版ではモード切替でしか見れなかったアーカム・シティのゲームマップが、WiiUゲームパッドで常に確認しながらゲームを進行出来るというメリットも、かなり高かったように思うのデス。ガジェットの切り替えも画面タップで出来たしネ。

個人的には満足しております

ちなみに、上の動画はデスね、ストーリーモードのウォークスルー(チュートリアル)の再生リストなのデス。

ワタクシも大変お世話になりました!?ハハハ~~~sweat02sweat02まぁ、そのおかげ?で全クリアが難なく出来たし、他のサイドミッションやチャレンジモードもこのBatman Arkham Videoさんの動画を参考にプレイ致しておるのデス・・・・・が、この方みたいに‘鮮やか’にってワケには中々いかないんデスけどネ

興味があって、ヒマな方は観てみてちょ。観るだけでもかなり面白いと思うのネ。

しかし、最近のゲームのスペックってホントに素晴らしいの一言に尽きるのデスよ。

ムービー場面からゲーム場面への切り替え時に、映像の差が全く感じられないっていうのは驚異的・・・・・ワタクシが単に‘浦島太郎’なだけナノ??・・・・・っていうぐらいに感動致しました。

Batman_arkham_originsそれでデスね、バットマン・ゲーム熱は更に高じてデスね、現在はコレにトライしてしまっているのデスよ。

PS3版のバットマン・アーカム・ビギンズ(原題はバットマン・アーカム・オリジンズ)なのれすsweat02sweat02sweat02

舞台設定は、アーカム・シティの数年前?でもって、ブルース・ウェインがバットマンとして活動し始めた最初の年という事になっているのデスが、・・・・・・・ナゼかバットスーツやガジェットがアーカム・シティ版よりも進化?してしまっているという、スターウォーズのエピソード的?な設定考証の矛盾が発生(笑)してしまっているのれすよ。

個人的には別にイイんですけどネ、ワタクシは。

っていうか、バットスーツのデザインや、ガジェットなどが、クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト・トリロジー」シリーズのものに近くなっているように思われ、どちらかといえばワタクシはこちらの方が好みですナァ~~~~~。

カッチョよいデス、とてもimpact

でもって、同じくBatman Arkham Videoさんによるバットマン・アーカム・ビギンズのストーリーモードのウォークスルー動画再生リストデス。

動画はどうもストーリーモードを全クリアした後のゲームプラス・モードのようですが、十分に参考になります。相変わらずゲーム展開は鮮やかで、観ているだけでもかなり楽しめますネ。

現在参考にさせて頂いておりますのデスcoldsweats01 でもって完璧にまたまたハマっておるのデスよ。

まぁ、正月はゲーム三昧で過ごす事になるのかなぁ~~・・・判んないけどネ。

しかしながら、正月明けからは、続々と各チームのニューマシンが発表されるし、来季は我がキミちゃんもスクーデリアに復帰する事だし、フェルナンドとの夢の二枚看板が実現する(アイルトンとアランがマクラーレンでチームメイトとして走っていた時と同じくらいワクワクする)とあって、やはりF1は観ないワケにはいかないデスよネ、やっぱsign03

ゲーム熱もほどほどに?って思うけど・・・・・・・・・当分は無理か?????ナ。

今後の日記の更新も気が向いた時だけ?なんて事になりそうデスけど、気になる方(いるかどうか判らないけどsweat01)は、ヒマな時にでもチェックしてみてちょ。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さいませませhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

iPhoneアプリのゲーム「ダークナイト ライジング」にハマり中!! 番外編 その3

・・・・・懲りないナァ~~・・・・・ワタクシってcoldsweats01

1

2

3

4

6

7

8_2

9

10

11

12

13_3

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

35

36

37

38

39

40

41

42

44

45

46

47

48

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月30日 (日)

iPhoneアプリのゲーム「ダークナイト ライジング」にハマり中!! 番外編 その2

懲りずにスクリーンショットうpsweat02・・・・・・・ネタぎれなのでcoldsweats01

1
23
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
25
27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

iPhoneアプリのゲーム「ダークナイト ライジング」にハマり中!! 番外編

・・・というか‘ネタぎれ’なのでsweat02、ワタクシがプレイ中に撮ったスクリーンショットの数々でも貼り付けておきますcoldsweats01

1

2

3

4

5

6_2

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

19

21

22

23

24

25

26

27

30

32

33

34

35

37

38

40

41
43

44

46

48

49

50

51

53

54

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

iPhoneアプリのゲーム「ダークナイト ライジング」にハマり中!!その4

ベインとの最終決戦に向けてバットポッドでウェインカンパニー本社に急行ダdash

The_dark_knight_rises19

The_dark_knight_rises20

到着ヨimpact

The_dark_knight_rises21

The_dark_knight_rises22

The_dark_knight_rises23

The_dark_knight_rises24

The_dark_knight_rises25

The_dark_knight_rises26

The_dark_knight_rises27

The_dark_knight_rises28

The_dark_knight_rises29

The_dark_knight_rises30

The_dark_knight_rises31

The_dark_knight_rises32

The_dark_knight_rises33

The_dark_knight_rises332

The_dark_knight_rises333

The_dark_knight_rises34

The_dark_knight_rises35

The_dark_knight_rises36

The_dark_knight_rises37

The_dark_knight_rises38

The_dark_knight_rises39

おしまいshine

長々と失礼致しましたend

が、かなり楽しめたゲームですたナ!まだまだ‘フリーウォーク’で続けるつもりヨsign04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneアプリのゲーム「ダークナイト ライジング」にハマり中!!その3

またまたApp「ダークナイト ライジング」の続きネcoldsweats01

相変わらずゴッサム・シティでベイン配下の囚人?(テロリスト?はたまたゴロツキ?)達と日夜(というかやはりバットマンだけに夜ばっか)格闘を繰り広げております・・・・・sweat02

The_dark_knight_rises1

The_dark_knight_rises2

The_dark_knight_rises3

The_dark_knight_rises4

The_dark_knight_rises5

The_dark_knight_rises6

・・・・・と、思いきや気が付けばいよいよベインとの最終決戦sign02

The_dark_knight_rises7

The_dark_knight_rises8

The_dark_knight_rises9_2

The_dark_knight_rises10

The_dark_knight_rises11

The_dark_knight_rises12_3

The_dark_knight_rises122

The_dark_knight_rises13

ベインはなんとウェイン・カンパニー本社ビルの前に居るではないのヨsweat01

バットポッドでレッツ・ゴーdash

The_dark_knight_rises14

The_dark_knight_rises15

The_dark_knight_rises16

The_dark_knight_rises17

The_dark_knight_rises18

つづく???・・・・・・soon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

iPhoneアプリのゲーム「ダークナイト ライジング」にハマり中!!その2

・・・という事で、飽きずにハマったままでございますcoldsweats01

でもってデスね、先週末のレイトショーにてようやく本編を観てまいりました。

前作「ダークナイト」でジョーカーに徹底的に窮地に追いやられてしまった‘正義’という名の曖昧な価値観は、一体どういうふうに決着を見るのか、クリストファー・ノーラン監督はそれをどういうふうに、どういったかたちで‘解’に導くのかが、個人的にヒジョーに気になっていたのデスよ。

・・・まぁ、大体ワタクシの想像通りでしたネ。というか、それしか有り得ないというか・・・・・、ネタバレ的になってしまいそうだけど、‘それ’はブルース・ウェイン(バットマン)にしても、執事のアルフレッド、はたまたベインにしても、あるいはミランダにとっても(ヤバイ?でも公開されてからかなり経っているからイイか?)もそれぞれが抱いている‘信念’や‘価値観’によって定まるモノであって、しかもそれは‘絶対的’にその個人個人によって異なってくるモノなのデスよ。そしてそれは‘絶対的’にその人にとって‘普遍的’なモノなのデス、たとえ他人から見てそれが‘奇異’や‘蛮行’に見えたとしても・・・・・デス。

つまり、万人にとって常に‘絶対的’な‘正義’などというモノは存在しないのデス。それぞれ個人が持ち続けている‘大切なモノ’、あるいは‘大事な守りたい人’によって変わってくるのだと思います。

唯一、「バットマン・ビギンズ」からブレないで、その‘正義’というモノが最大公約数的にもしもあったとして、しかも奇跡的にそれを貫けたキャラクターが居たとしたら、それはゲイリー・オールドマン演じる‘ジェームス・ゴードン本部長(警部)’だけだったように思えます。

ラストシーンの解釈は、観た人それぞれによってビミョーに異なってくると思いますが、中性子爆弾を抱えたザ・バットが洋上にて爆発してしまいますが、後日モーガン・フリーマン演じるルーシャスがウェイン・カンパニーのラボにてザ・バットの自動操縦プログラムがブルースによってアンロックされていた事を知る場面が実は答えなのではないでしょうか??

これにより、マイケル・ケイン演じる執事のアルフレッドがフィレンツェのカフェにてブルースとセリーナ・カイル(キャット・ウーマン)のツーショットを見かけるというのがアルフレッドにとっての単なる幻想や幻覚ではなかった事になると個人的には思えます。

警察を辞めたジョン・‘ロビン’・ブレイクがバットケープに行ってエンディングとなるのもヒジョーに意味深で、・・・・・結局はまだこのシリーズが続くというのが示唆されたようデスよネ??

ハナシがゲームからかなり逸れてしまいましたが、ゲーム「ダークナイト・ライジング」の続きをどうぞdown

Tdkr1

Tdkr2

爆弾解除せよ!!

Tdkr3

Tdkr4

Tdkr5

Tdkr6

電子ピッキングでガジェットをゲット!!

Tdkr7

ジョナサン・‘スケアクロウ’・クレインが仕掛けた毒ガス爆弾を解除せよ!!

Tdkr8

Tdkr9

Tdkr10

Tdkr11
バットケープに戻れ!!バットポッド出動!!

Tdkr12

Tdkr13

再びゴッサム・シティへ!!

Tdkr14

Tdkr15

ザ・バットを探せ!!

Tdkr16

あのバットマークの下にザ・バットが隠されている!!

Tdkr17

ザ・バット発見!!いざ搭乗!!

Tdkr18

Tdkr19

Tdkr20

クレインのヘリを追え!!

Tdkr21

Tdkr22

・・・・・つづく??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

iPhoneアプリのゲーム「ダークナイト ライジング」にハマり中!!

1

・・・・・・なのデスlovely ヒジョーにオモシロい!!というか、ワタクシはヒジョーにケチなヒトなので、ここ数年iPhoneを使用していて今まで有料アプリなるモノを購入した事がなかったんですけど、今回600円払って初めて買ってみたのデスよ。チョットもったいないっていう気もしたんですが、ハッキリ言って正解ですた!!ここんところ虜になってしまいましたsweat02

iTunesストアのレビューなどで「オモシロいけどフリーズする」というのが多数見受けられたけど、ワタクシの4Sではまったく問題ありませんですヨ!ちゃんと動いておりますデスhappy01

2

4

3_2

5

6

7

8

9

10

11

12

13
・・・とまぁ、ワタクシが実際にプレイしている時のスクリーンショットなどを貼り付けてみますたsweat01 すでにプレイしている方達が見ればワタクシがどのあたりのセッションにいるか判ってしまうかナsweat02 まだ半分ぐらいのレベルなのよネcoldsweats01

個人的には、前半の「奈落の底」から出る時の最初のルートで苦戦致しました。なんせまだ本作を観ていない(大汗)もんでsweat01 どうやって這い上がるのか全く判りませんでしたヨ、恥ずかしながら・・・・・・。

展開は映画のストーリーに沿っているという事なので、既に本作を鑑賞した方なら全く問題なしかもネ?

「ダークナイト ライジング」App Store リンク

本作は,先日日本でも公開が始まったばかりの映画「ダークナイト ライジング」を題材とした公式ゲームアプリだ。プレイヤーは,クリスチャン・ベール扮する“ブルース・ウェイン/バットマン”となり,最凶の敵「ベイン」の手からゴッサムシティを守るべく戦いを繰り広げていくこととなる。
ストーリー形式のメインミッションに加え,さまざまなサブクエストが発生するなど,バットマンとして活躍する楽しみが味わえる作品となっている。闇の騎士となって,その手でゴッサムシティの平和を取り戻そう。

待望の映画「ダークナイト ライジング」の公式ゲーム

ブルース・ウェインが8年間の沈黙を破り、バットマンとして姿を現した。謎の女セリーナ・カイルや、最凶の敵ベインがブルースを待ち受ける。
ベインの手からゴッサムシティを守るため、ブルースはバットマンの力を取り戻せるのか?
キャットウーマンやルーシャス・フォックス、ゴードン市警本部長など、映画でおなじみのキャラクターたちが勢ぞろい。
バットマンの世界観にどっぷりハマること間違いなし!

壮大なるゲーム体験

豊富なミッションに加え、ランダムイベントも充実。バットマンとして活躍するスリルを味わえる仕様となっている。
人質救出や爆弾処理、穴蔵からの脱出、カーチェイスなど、ゴッサムの守護者としてのキミの能力が今試される。
多彩なアクションやドラマチックなカットシーンが満載!
スリル満点の戦闘システムのおかげでアクションを思う存分満喫することができる。
その他、街中に隠されたコレクションアイテムを収集すると、バットマンのアップグレードアイテムや新しい戦闘スキルをアンロックすることもできる。

闇の騎士として戦え

バットマンのガジェットを使いこなし、敵に立ち向かえ。グラップネルガンは敵を倒すだけでなく街中を移動するのにも重宝する。
バットラングは武器として使うほかにも、遠隔地のスイッチを操作できるなど、使い道は無限大だ。
拳やガジェットが役に立たない場合でも、闇の騎士には頼れるマシンがある。
バットポッドを操作してミッションをクリアしたり、猛スピードで移動するザ・バットに乗り込んで街中を散策しよう。

巨大マップに広がる世界を体感せよ

巨大マップのエリアはゴッサムシティだけでなく、他の地区にも及んでいる。
息を飲むほど美しいグラフィックを堪能しつつ、バットマンのダークな世界を満喫しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

ネタぎれ・・・・・!だけど、・・・あれこれ。その44 「GT5」専用車?RedBull X1Prototype!?

Photo01a 最近めっきりヤってないTVゲーム・・・・・。

F1ゲームもPS2の‘2006年版’を購入してから久しいの・・・・・ネrain

ネタぎれで、ウェブをパラパラと見ていたら、「RedBull X1Prototype」なるモノを発見。

ナンでもPS3の鉄板人気ソフト‘Gran Turismo 5’で使用する、架空のスペシャルメイド・マシンというコトらしい!

でもって、この「X1プロジェクト」には、現在、この地球上でレーシングカー・デザイン、設計の事実上トレンドセッターである‘巨匠’エイドリアン・ニューウィが参画しているとのコト。

やっぱ、ヒジョーに美しいし、カッコいいのヨ!!

コンセプト的には、現在の全てのレースカテゴリーのマシンレギュレーションから解き放れて、自由にマシンをクリエイト出来たとすれば、どんなモンスターマシンが出来るか!?というモノらしい。

Photo10a

以下、公式コメントdown

< X1プロトタイプの全貌を公開 >

「グランツーリスモ」は、レッドブル・レーシングとのプロジェクト「X1プロトタイプ」の全貌を公開しました。

こんにち存在するレースには、必ず何らかの規則、つまりレギュレーションがあります。X1プロトタイプはこのレギュレーションから開放された、地上最速のレーシングカーとはどんなものか、という「グランツーリスモ」のファンタジックな夢から生まれたマシンです。

Photo02a_3

Photo03a_2

Photo04a_2

当初のX1プロトタイプは、フロントホイールまでを覆ったウイング構造のシングルシーターキャノピー・プロトタイプでした。1500psのV6直噴ツインターボがもたらすパフォーマンスは、時速400kmオーバー、最大横加速度6Gという充分なもの。しかしこの構想は、プロジェクトのパートナーとなったレッドブル・レーシングによって、さらなる飛躍をみせることになりました。

レッドブル・レーシングのチーフテクニカルオフィサーであり、エアロダイナミクスの鬼才といわれるエイドリアン・ニューイは、X1プロトタイプに、自らが長年抱いてきた夢、「ファンカー」テクノロジーを採用することを提案します。

Photo07a_2

ファンカーとは、マシン下部の空気をファンによって強制的に吸い出し、アンダーフロアの空気圧を下げることで路面に吸着させ、強力なダウンフォースを与える仕組み。速度と関係なく一定のダウンフォースを発生させることができるため、低速コーナーのコーナリングスピードを劇的に向上させることができるのです。

ファンカーの猛威は歴史が証明しています。1970年のCan-Nam(カンナム)に投入された、シャパラル2Jというファンカーは、あまりの戦闘力の高さから1シーズンで出場禁止に。F1でも、1978年にブラバムがBT46Bというファンカーを投入し、圧倒的な速さで開幕戦を制したため、たった1戦で参戦が封印されています。

ニューイの提案を受けたX1プロトタイプは、ボディ後端に大きなファンを抱えるマシンとなりました。さらにニューイから前後ウイング、リアデフューザーの形状に助言を得て、そのエアロダイナミクスはさらに研ぎ澄まされたものへ進化しました。この結果、X1プロトタイプが勝ち得たパフォーマンスは、最高時速450km/h以上、最大横加速度8.75G。生身の人間が耐えられる限界ともいうべき性能です。

Photo09a_2

Photo29a_2

『グランツーリスモ5』の中で、マシンのシェイクダウンを担当したのは、あのセバスチャン・ベッテル。ベッテルは鈴鹿サーキットを舞台とした最初の走行で、F1マシンが持つコースレコードを20秒以上短縮。さらにニュルブルクリンク・グランプリコースでのテストでは、1分4秒台というラップタイムを刻み、X1プロトタイプのすさまじいポテンシャルを引き出してみせました。

「グランツーリスモ」とレッドブルがかなえた地上最速という夢。「グランツーリスモ」初となる一流ドライバーによるドライビング・レッスン「X1チャレンジ」で、あなた自身がその力を体感してください。

・・・・・・しかし、ナンか昔こんなカッコしたレースカーが登場するアニメがあった気がするナァ~~? サイバーフォーミュラー?とかナンとか??はっきりとワカンナイんだけどsweat02

PS3・・・・・イイナァ~~やっぱ、欲しいナァ~~!!

時代はBle-rayよネ、ナニげに・・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

イギリスのゲーム会社「Codemasters」がF1ゲーム化権を獲得

イギリスのコンピュータゲーム開発会社コードマスターズhttp://www.codemasters.co.uk/が、F1商業権管理団体FOA(フォーミュラ・ワン・アドミニストレーション)との合意により、F1世界選手権の独占ビデオゲーム化権を獲得したと発表した。

Car011  

コードマスターズは、レースゲーム分野に強いイギリスの老舗開発会社。「コリン・マクレー・ラリー」シリーズ等で知られている。 

F1の独占ゲーム化権はこれまでソニーが持ち、プレイステーション・シリーズにのみソフトが供給されてきた。しかし権利がプラットホームホルダーの手から離れことにより、今後はマルチプラットホーム展開となる。同社はすでに、独自のクロスプラットホーム・ミドルウェア技術をベースにゲームを開発することを表明している。

Car012 Car013

新しいF1ゲームは、プレイステーション、Xbox、Wii等の家庭用コンソール向けだけでなく、その他の携帯ゲーム機、PC向けにもリリースされる見込みだ。 

コードマスターズによる最初の公式F1ゲームは、2009年シーズンを題材にしたものが同年中に発売される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)