カテゴリー「F1(2012)」の記事

2012年11月25日 (日)

2012 F1 ブラジルGP 予選結果

Photo

キミ・ライコネン

土曜フリー走行:ノータイム
予選:9番手

「もちろん、もっといい結果を期待していたけどトリッキーな週末になってしまった。今朝あと数周走れていたらもっと楽になっていただろう。でもエンジントラブルがあって以降は一切走れず、昨日とは違う気温だったから最適なセットアップを理解するのが難しかった。すべてのトラブルを考えるとQ3に進めたことは良かったと思う。もっと最悪になる可能性もあったけど、今日のところは乗り切れたってことだと思うからね」

アラン・パーメイン(トラックサイド・オペレーション・ディレクター)

「キミはFP1(金曜フリー走行1回目)にイグニッションコイルの故障、FP3(土曜フリー走行)ではエンジンブローに見舞われ、信頼性に欠ける散々な週末を強いられている。彼が唯一フルセッションを走れたFP2(金曜フリー走行2回目)は路面温度が非常に高かったため、トップ10入りしたことは本当に素晴らしい努力だったと思う。加えて、彼はQ3で一度しかアタックしておらず、しかも路面が最速の状態じゃなかったときだったので、レースではもっと力を出せると信じている。明日はロマンにも強力な結果を残すチャンスがあると思っている。ペドロとの不運なインシデントにより18番手からのスタートになってしまったが、コンディションがどうなろうと彼は周辺のマシンよりもはるかに速いマシンを手にしているし、フレッシュタイヤが多く残っていることもポジション回復に役立つだろう。明日、彼がポイント獲得を争えない理由はないと思うし、間違いなくそれがわれわれの目標だ。予選前にはわずかに降雨があり、天気予報では明日も今夜降ると言われる豪雨と同等の雨量が予想されている。ウエットでもドライでもマシンのペースには自信がある。セットアップはさまざま天気を想定したものを選んでいる。スタートはインターミディエイトになりそうだが、ここでは何が起きても不思議ではない。過去には激しいストームに襲われたこともある。空模様がどうなろうとしっかり準備しておかなければならない」

1

2

3

4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

2012 F1 アメリカGP 予選結果

Photo

キミ・ライコネン

土曜フリー走行:13番手
予選:5番手

「正直、今日はもっと厳しい予選になると予想していたんだけど、マシンは今週末で一番感触が良く、とてもいい結果につながった。セットアップはまだ僕が望むような形になっていないけど、だいぶ近付いている。温かいコンディションの方がマシンの状態がいいみたいだし、それが違いを生んだのは明らか。汚れている方のグリッドからスタートすることになったのはベストとは言えないだろうし、明日のレースまでに路面がもう少しグリップを高めてくれるよう願うしかない」

アラン・パーメイン(トラックサイド・オペレーション・ディレクター)

「今日の結果には当然満足している。両ドライバーとも素晴らしい予選パフォーマンスだった。また、アップデート型エキゾーストを搭載して臨んだ予選トリムでマシンのペースを改善できたことはとてもポジティブだ。残念ながらロマンは今朝ギアボックストラブルが発生したため、(ギアボックス交換により)5グリッド降格ペナルティを受けるが、それでもマシンには優れたレースペースがあると分かっているので、ドライバーが2人ともクリーンなスタートを決められれば再び表彰台を争えると考えている」

1

2

3

4

5

6
7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

2012 F1 アブダビGP 決勝結果 ヤったネ、キミちゃん!! 復帰後初優勝!!

Photo

キミ・ライコネン(優勝)

「チームのためにすごくうれしい。もちろん僕自身もね。レース中は何が起きるか分からない。セーフティカーがトリッキーにしてくれたけど、今年は何回も似たようなレースをしてきている。今日はクリアなサーキットで僕らのスピードを生かすことができた。最後は最速じゃなかったかもしれないけど、勝つための十分な速さと一貫性があった。チームにとって素晴らしかったよ。シーズン後半は難しいレースもあったから、勝利で戻ってこられてファンタスティックだ」

エリック・ブーリエ(チーム・プリンシパル)

「まずは一言。グレートだ。次に浮かんでくるのは"ホッとした"や"ふさわしい"という言葉だね。本当にチームにとってふさわしい結果だ。キミはよくやってくれた。とてもいい仕事だった。われわれはシーズンを通して懸命にプッシュしており、これまであと少しというところまで来ていた。もっと早く勝てなかったことに対しては少々不満が残るが、われわれはずっと待っていた。とうとうその勝利を達成できて素晴らしい気分だし、チームにとって最高の報酬だ。F1にとって、キミにとって、そしてわがチームにとってグレートだ」

ジェームズ・アリソン(テクニカル・ディレクター)

「これほどうれしいと、決まり文句以外の言葉が見つからないものだね。今年は幾度かじらされながら、ポディウムの頂点に復帰するのを長い間待っていた。キミの完ぺきなドライブと、常に目標を見失わなかったエンストンチームの粘り強さのたまものだ。シーズンは残り2戦。オースティンへは軽い足取りで向かうことができる。これを励みに、もう一度同じことをやり遂げ、どこまでできるか試したい」

260_1024x653

16740

425_2

059_1024x652

263_1024x654

内気でロボットのような態度が揶揄(やゆ)されたこともあった2007年のチャンピオンであるライコネンは"アイスマン"の愛称で親しまれている。このニックネームを思いついたのは報道陣だったものの、今は誇りをもってライコネンの腕にこの名のタトゥーが入れられている。

4日(日)に、カムバックしたドライバーは勝利をもぎとれないとの見方を覆したライコネン。レース中盤には2番手とのギャップを知らせてくるなとエンジニアを叱責していた。

「ほっといてくれ。自分が何をしているかは分かっているから」

その後、表彰台でマクラーレン時代にチームメイトだったデビッド・クルサードからそのときの気持ちを言葉にするよう求められたライコネンはこう話している。

「実際のところ、そうでもない」

「前は僕が十分にスマイルしないって君たち(メディア)が言ってたし、多分今回も同じだね」

後になってライコネンは別のレポーターに「もう言ったように、僕はハッピー。だけど飛び回るようなことは何もない」とコメントした。

しかしながら、アラブの文化的背景から表彰台で飲んだのはノンアルコールのローズウオーターだったものの、その後にどこでお祝いをするつもりだとライコネンは認めている。

祝勝に"何日"費やすつもりか聞かれたライコネンは「次のレースに間に合うかぎり、チームは満足だと思うね」と返答した。

また、"ロータス"が優勝したのは1987年のアイルトン・セナ以来だと聞かされたライコネンには、まったく感傷的な様子はなかった。

「名前でしょ。フェルナンド(アロンソ)がいたとき(ルノー時代)と同じチームで、名前が違うだけ。僕らにとっては素晴らしいチーム名だね。素晴らしい歴史がある。でも名前がなんであれ僕はチームのためにレースするし、どうでもいいことさ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

2012 F1 インドGP 予選結果

2012y10m27d_213216083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

2012 F1 韓国GP 予選結果

2012y10m13d_150959872

キミ・ライコネン

土曜フリー走行:5番手
予選:5番手

「予選は問題なかったし、やれる限りのベストは尽くせたと思っている。週末を通してマシンにいろんなものを載せて試してきた。予選は良いポジションにつけたと思うけど、もっと速く走りたいと思うのは当然だ。新しいエキゾーストシステムの感触は良い。馬力は少し失っているけど、空力面では良くなっているし、ただで何かを得ることはできないからね。上位勢とのギャップはそれほど大きくないから明日は自分たちにやれることをやっていくつもりだ」


アラン・パーメイン(トラックサイド・オペレーションディレクター)

「新しいパッケージは十分に機能しているようだ。今日のパフォーマンスにはまずまず満足している。明らかに前進を遂げられているし、2台とも着実にQ3進 出を決めたので満足だ。明白なパフォーマンス向上を果たしており、セットアップを最適化できれば(コアンダ効果エキゾーストを生かして)さらに改善できる と考えている。キミはQ1をソフトタイヤのアタック一回だけで突破したが、ロマンはQ2進出を確実にするためスーパーソフトコンパウンドのセットを必要と した。それでも、それ以降は確実に2台揃ってQ3に進めると思っていた。キミのマシンに搭載した新しいコアンダ効果エキゾーストシステムのアドバンテージ が確認できたので、次のレースでは両方のマシンに載せる予定だ。昨日はフロントタイヤのグレイニングに苦労したが、今日はソフトもスーパーソフトもうまく 機能している。路面の改善も見られた上に、タイヤの改善を図るために、より優れたセットアップも見いだせた。ピレリは1ストップが可能だと言っているの で、しっかりと検討していきたい」

16436

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

2012 F1 日本GP 予選結果

もうすぐ決勝がスタートするが・・・・・sweat02

Gp

キミ・ライコネン

土曜フリー走行:12番手
予選:8番手

「スピンした。いいラップだったし、プッシュしていたんだ。多分それが少しハードすぎて、リアを失ってしまった。マシンは週末で一番の感触だったから残念。明日もマシンが良ければ前へ行けるはず。何が起こるか見てみよう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

シンガポールGP 予選結果

Photo

キミ・ライコネン

土曜フリー走行:5番手
予選:12番手

「クルマは全体的に昨日よりだいぶ良くなっていた。ユーズドタイヤでも速かったのに、どういうわけか2回目のセッションの新品ではグリップに苦労して、やや遅くなってしまった。12番手というのは明らかに僕らが欲しかったポジションじゃない。リーダーたちに挑めるスピードはなさそうだけど、クルマはこれよりもっと速いはずだ。レースに期待している」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

2012 F1 イタリアGP 予選結果

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

2012 F1 ベルギーGP 予選結果

Photo

ロータスのキミ・ライコネンはベルギーGP予選でポールポジションを争うだけのペースがなかったと明かす一方で、レースはまた別の話だと強調した。

Kimi_raikkonen1
予選で4番手タイムを残したライコネンだが、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)がグリッド降格ペナルティを科せられたため、ライコネンのスターティンググリッドは3番に繰り上がっている。

また、予選のラストアタックでミスを犯したと認めつつも、ジェンソン・バトン(マクラーレン・メルセデス)がたたき出したポールタイムに挑むペースはなかったとも話したライコネン。

「簡単な予選セッションではなかった。マシンに問題はなかったけど、他の人たちのような速さがあったとは思わない。今日の僕たちにポールを狙うだけの速さがなかったことは明らかだ。でもレースはまた別。グリッドはチャンピオンシップで自分たちより上位にいるドライバーよりも前だから、彼らよりも多くポイントを獲得できるようがんばる」

一方、トラックサイドオペレーションディレクターのアラン・パーメインはチームが望んでいたほどマシンが機能していないことを明かしている。

「今日はもう少し期待していたので正直、少しガッカリしている。キミは完ぺきなラップを走れず、ロマン(グロージャン)もマシンのセットアップに満足していない。今日はマシンが珍しく難しかったようで、一貫性のなさがベストタイム記録を困難にさせたのだと思う。これは予想外のことであり、今シーズンこれまでは走行に制限があったとしても、すぐにいいセットアップを見いだせていた」

キミ・ライコネン

土曜フリー走行:2番手
予選:4番手

「簡単な予選セッションではなかった。マシンに問題はなかったけど、他の人たちのような速さがあったとは思わない。今日の僕たちにポールを狙うだけの速さがなかったことは明らかだ。でもレースはまた別。グリッドはチャンピオンシップで自分たちより上位にいるドライバーよりも前だから、彼らよりも多くポイントを獲得できるようがんばる」

Kimi_raikkonen2

Kimi_raikkonen3

Kimi_raikkonen4

Kimi_raikkonen5

Kimi_raikkonen6

Kimi_raikkonen7

Kimi_raikkonen8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

2012 F1 ハンガリーGP 決勝結果

Photo_3

キミ・ライコネン(2位)

「優勝できなくて悔しいけどチームにとってはいい結果だし、最後の一歩を踏めるようにプッシュし続ける。僕のスタートは悪くなかったけど、KERSに問題があってフェルナンドにポジションを譲ってしまった。ちゃんと機能しだしたときには集団の中にスタックしちゃっていたから、ちょっとイラッとしたけど、クリアな場所を走れるようになったときにはプッシュできたし、2回目のピットストップで何台か追い抜ける感じがしていた。チームからはロマンとかなり接戦になるだろうと言われていたんだ。でも大丈夫だった。ルイスに追いつくことはできたけど、追い抜くのは不可能だった」

エリック・ブーリエ(チーム・プリンシパル)

「2台が表彰台に上ったのはチームにとって本当に素晴らしい週末の締めくくりだ。今回のような結果を得るために必死にがんばってくれているエンストンの皆は現場でシャンペンを味わうことがほとんどないので、彼らの仕事を称賛しなければならない。ドイツで厳しい週末を過ごしたロマンが復調してくれて本当にうれしいし、キミが優勝を争う場面が見られてとてもハッピーだ。新しい予選へのアプローチが機能している。今週末は予選をうまくやれたので、レースでも多くの周回に渡ってリーダーを追いかけることができた。コースレイアウトが変わればオーバーテイクを可能にしてくれたはずなので、今回のレースに勝つこともできたはずだと思っている」

ジェームズ・アリソン(テクニカル・ディレクター)

「両ドライバー、E20、チーム全体による見事なレースだった。ドライバーズおよびコンストラクターズの選手権ポイントを大量に獲得でき、本当に素晴らしい進歩を遂げられたと思っている。シーズンはまだ前半が終わっただけなので、両チャンピオンシップの射程圏内にいると考えるのは空想ではないはずだ。全体的なトレンドとして、私たちのマシンはどんどん強くなっているので、この先のレースでもさらに前進できることを願っている」

Kr1

Kr2

Kr3

Kr4

Kr5

Kr6

Kr7
Kr8

Kr9

Kr10

スクーデリア・フェラーリにキミ・ライコネンの再起用案浮上?

ハンガリーGPで優勝を争ったキミ・ライコネン(ロータス)が再びフェラーリのレーダーにとらえられたとのうわさがパドックで渦巻いている。

このうわさは、フェラーリ代表のステファノ・ドメニカリがフィンランドのテレビ局『MTV3』に対して、フェラーリのエースであるフェルナンド・アロンソと跳ね馬を去った2007年の世界王者には「多くの共通点がある」と語ったことがきっかけだった。

マーティン・ブランドルはイギリスの『Sky(スカイ)に「今週末のパドックではフェリペ(マッサ)がすでに来シーズンのシートを失っている、ともっぱらだ」と明かしている。

『Sunday Times(サンデー・タイムズ)』紙はチームの"内部関係者"が、マッサの後任候補リストに挙がるどのドライバーよりもライコネン起用がもっと良い選択肢だと語ったと報じた。さらに、この情報筋はセルジオ・ペレスやニコ・ヒュルケンベルグ、ポール・ディ・レスタ、ヘイキ・コバライネンを含め、後任候補として伝えられている小林可夢偉やパストール・マルドナドさえも、必ずしもマッサ以上に優れているとは限らないとも述べている。

「キミがとても素晴らしいソリューションになるだろう。速くて経験豊富で政治に関心がなく、今年の末で契約が切れる。フェルナンドはチームメイトにキミが来ることに問題は一切ないはずだ」

しかしながら、『BBC』のアンドリュー・ベンソン記者は"絶対に確実な情報筋"が今回のうわさを単に"くだらない"と一蹴したと伝えており、加えてサンデー・タイムズ紙が報じた"内部関係者"も大きな障害があることを認めている。

その障害とは? イギリスのコラムニスト、マーク・ヒューズいわく、フェラーリ社長のルカ・ディ・モンテゼモーロだという。

2009年末にライコネンがフェラーリを去り、ラリー転向をプッシュしたのは、伝説の跳ね馬の全権を握るモンテゼモーロとライコネンが激しく仲違いしたからだと言われている。したがって、伝えられるところではモンテゼモーロがライコネン復帰案に"抵抗している"ようで、ヒューズによるとライコネンは「二度とモンテゼモーロと仕事をしないと誓っている」そうだ。

ハンガリーGPを2位でゴールしたライコネンは「僕はずっと反感はまったくないと行ってきたし、チーム(フェラーリ)とはいい時間を過ごした。今後、何が起きるかは誰にも分からない。僕は自分がいる場所に満足している」と語った。

キミ・ライコネンをフェラーリに奪われるかもしれないとのうわさにロータス代表のエリック・ブーリエが反応した。

フェラーリにとってライコネンがフェリペ・マッサの後任としてベストの選択肢となり得るとの推測が渦巻く中、ライコネン本人はルカ・ディ・モンテゼモーロ(フェラーリ会長)との間に障害となるほどの確執はないと匂わせている。

「最後にはもう少しうまくいったかもしれないけれど、どうあれ人生は続いていくし、将来何が起こるかなんて決して分からない」とライコネンは語った。

これまでのところ、ライコネンはロータスと2年契約を結んでいると見られていた。ロータス代表のエリック・ブーリエはフィンランドの放送局『MTV3』に次のように話す。

「うわさはいつでも盛んだ。われわれはキミと2年契約を結んでいるが、全面的に合意を得られた場合、常に選択肢はある。キミはここで満足していると思うし、フェラーリでの彼の経験が最高だったとは考えていない」

ライコネンは2013年にロータス残留を選ぶというのがブーリエの考えだ。

「グロージャン(ロータス)と共にいるのは、アロンソ(フェラーリ)を相手にするより確実に楽な道だ。ここでナンバー1になる機会があるというのに、キミがフェラーリでセカンドドライバーになりたがる理由など見当たらない」

ハンガロリンクのうわさが浮き彫りにしたのは、マッサのフェラーリでのポジションが明らかに危うくなっているという状況だ。

フェラーリ代表のステファノ・ドメニカリはハンガリーGP決勝後に「フェリペは彼にとって非常に重要なレースがあることをよく分かっている」と発言。

さらにライコネンについては"とてもスペシャルなドライバー"との"見方を抱き続けている"と話した。

一方でマッサはブラジル『Globo(グロボ)』紙に新たなうわさは懸念すべきものか尋ねられ、次のように答えている。

「確かにシーズン序盤は僕にとってとてもポジティブと言えるようなものではなかったけれど、そのときより今日はいい感触を持っている。契約の状況ははっきりしていないし、言えることは何もない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧