カテゴリー「TOY」の記事

2013年1月20日 (日)

GUNDAM STANDart 16のZガンダムと・・・・・その2

前回の続きネcoldsweats01 

まずはGUNDAM STANDart :4のZとの比較からどぞdown
Gundam_standart_16_zgundam_1
Gundam_standart_16_zgundam_2
Gundam_standart_16_zgundam_3
Gundam_standart_16_zgundam_4
Gundam_standart_16_zgundam_5
Gundam_standart_16_zgundam_6
向かって右側が全て今回のGUNDAM STANDart :16のZだけど、一部新規パーツというわりには旧作GUNDAM STANDart :4Zの方が出来がいいように思うネ??

頭部パーツは旧作よりも細身な造形となっているが、全体的なプロポーションでナゼか新作はボディ全体が後ろに反り過ぎているのデスよ。なので多少バランスが悪く上手く立たなかったりするのよネ???リペイントというわりには旧作Zの方が明らかに細かく丁重にカラーリングされているしネ。

画像を見れば判るけど、ダクトや各スラスター(アポジモーター)噴出孔周りとかが新作はまるでペイントされていないのデスsweat02 クオリティが大分下がっているような気がするナァ~~やっぱ。クロスボーンX1とかはどうだったんだろ??出来具合は???

Gundam_standart_16_zgundam_7
同じくGUNDAM STANDart :4のZカラーバリエーションだった3号機とのツーショット。頭部パーツはやはり新規型の方がカッコいいかな??

Gundam_standart_16_zgundam_8
Gundam_standart_16_zgundam_10
・・・・・・・・、こうやって3機並べてみると、出来の良し悪しは旧作Zも新規Zも一長一短なのかナァ~~?????ビミョ~~・・・・・・・ネsweat01

Gundam_standart_16_zgundam_9
ワタクシがチョイスしたGUNDAM STANDart :16のもうひとつジョニーライデンMS-06R-2と既に配備?していたザク子ちゃん達の集合写真?しかし、ザクの機動兵器?としてのプロダクション・デザインって完璧よネheart02 個人的に思うのは、各ガンダムは確かにカッチョよいんだけど、ワタクシ的にはこのザクやジムとかジェガンとかのヤラれメカ?のデザインはヒジョーによく出来ていて大好きなのデスよ。いかにもプロダクション・モデルという雰囲気がとてもよく出ていると思います。というか、現実的に考えれば(?現実的に考える必要があるのか??)セットアップや熟成が全く進んでいない試作機(ガンダム)があんなに強いワケがない!?のヨ。・・・・・・まぁ、いいか???????

Batpod_twoshot

オマケに最近ワタクシがハマっているダークナイト(バットマン)シリーズに登場するバットポッド二種の画像sweat01

手前が通常のマテル製バットポッドで、後ろがマテル製アーマー型基本モデルのバットポッド(当然映画にはそんなの登場しない。あくまでも玩具上バリエーション)なのネ。ちなみに手前のヤツはフィギュアの取り外しが出来ない反面、綺麗に跨っているポーズ固定なのデス。首(頭)は動くけど。カッチョいいナァ~~~~~!バットポッドheart04

それではcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

GUNDAM STANDart 16のZガンダムと・・・・・[ GUNDAM EVOLVE・・・/9動画追加]

ジョニー・ライデン専用MS-06R-2ザクⅡをコンビニで摘んでみますたcoldsweats01

Gundam_standart_z_ms06r2
やっぱ目玉はクロスボーン・ガンダムだったんだろうけど、ワタクシ実は余り良く知らないのデスよ・・・クロスボーン・ガンダムってsweat02 F91の続きというか外伝的?なストーリーらしいけど・・・・・、月刊漫画誌での展開だったみたいだしネ。そういえば青色のF91ハリソン機もこのストーリーに登場するんだったネ。F91は基本的に大好きデスよ、ワタクシは。でもね・・・・・・・・。

という事でワタクシの狙い目としてはこの二種となりますた。ハッハハハハ~~~~~sweat01

GUNDAM STANDartのZはすでに持ってるけど(3号機も含めて)新規パーツ&リペイントという事で買ってしまったのデス。詳しくは次回以降で・・・・・・・。

ちなみにバンダイ・プレミアム・サイトでこいつの予約が始まりましたネ!!

Rg1144_z_gundam_type3_2
RGシリーズ1/144スケール Zガンダム3号機sign03 RGシリーズでZがリリースされた時にひょっとしたらflair‘限定版’でアムロ・レイ専用Z3号機が出てくるのでは?と思ったらやはり出ましたネ!!ヤターshine

バンダイ・プレミアムの専用URLはコチラdown

http://p-bandai.jp/hobby/special-1000002898/

思わず「予約する」のボタンをクリックしてしまいましたヨ、ワタクシdash

3号機が登場する「GUNDAM EVOLVE・・・/9」のHD動画はこれヨdown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

『ダークナイト ライジング』1/6スケールビークル カモフラージュ・タンブラーがホットトイズから・・・・・・[ 動画追記あり ]

・・・・・2013年3月に発売されるようデスsweat02

Camo_tumbler6

製品紹介

ホットトイズの「ムービー・マスターピース」シリーズに、鬼才クリストファー・ノーラン監督によるバットマンシリーズ最終章となる大作映画『ダークナイト ライジング』の第四弾がラインナップ!ゴッサム・シティを狂奔するカモフラージュ・タンブラーが驚愕の全長約73センチの1/6スケールで堂々の登場だ。

ウェイン・エンタープライズ応用科学部が軍事用に試作開発したタンブラーは、ジェットエンジン噴射による急速加速やジャンプ機能、優れた防弾能力を誇る頑丈な装甲、さらにステルス機能に長けた高性能な特殊装甲車である。最強兵器タンブラーを手に入れたベイン軍団は、ゴッサム・シティを破壊し制圧しようとするのだった。

1/6スケールで忠実に再現された本アイテムは、全長約73センチという圧巻の仕上がり。汚し加工が施されたデザート迷彩のタンブラーは、大迫力の大型タイヤはもちろん、内部フレームや後部ジェットノズル、ワイパー等の細部に至るまで余すことなく精巧に再現している。コックピットは、実車同様にルーフ部分がスライド開閉し、1/6スケールフィギュアが搭乗可能な仕様だ。ハンドルやメーター回りも丁寧に作り込まれ、各部ヘッドライトはライトアップ機能を搭載している。

単体でも十分に楽しめるが、同時発表された「ムービー・マスターピース」のベインや、「ムービー・マスターピース」のバットポッド、バットモービルと併せてディスプレーすれば、バットマンの世界観をより深く楽しむことができる。ベイン軍団が最凶カスタムした特別仕様タンブラーの魅力を余すことなく引き出した究極の逸品。ホットトイズが作品への愛情を込めてお贈りする『ダークナイト ライジング』シリーズから今後も目が離せないぞ!

[ ホットトイズ・ジャパンより抜粋 ]

Camo_tumbler4

Camo_tumbler2

・・・・・お値段は、既に発売されているバットマン専用‘黒’と同じ¥49,000なり・・・・・。

バットマン用タンブラー‘黒’も今月に再販予定だったようだが、ナゼか8月に延期の模様・・・・・?まぁ、ワタクシには余り関係無いんだけど、・・・・・・余りにも高額で手が出せませんsweat01

Tdk_batmobile1

Tdk_batmobile2

Tdk_batmobile11

Tdk_batmobile10

現在、バットモービルに焦点を当てたドキュメンタリーが米で制作中だ。完成作はクリスマスシーズンにブルーレイかダウンロードで手に入るということだが、今回その予告編が公開されたのでご紹介しよう。

初期コミックの時代から最新映画にいたるまで進化を遂げてきたバットモービル。映像には、クリストファー・ノーランを始めとする歴代の監督や、主役のクリスチャン・ベイル、さらに1966年にバットマンを演じたアダム・ウェストなどが登場する。初期のバットモービルを製作したという有名なカスタムビルダーのジョージ・バリスも当時のエピソードを語っている。

今月末にバットマン三部作の最終章『ダークナイト ライジング』が劇場公開されるが、映画を見る前にこのビデオでバットモービルをチェックしておくことをお勧めしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

HGUC 1/144 リゼルC型(ディフェンサーbユニット/ゼネラル・レビル配備機)を買ってみた・・・・・が

Rezelwr2

・・・・・まだ作っていませんsweat02

近々作ろうって・・・・・思ってるんだけど・・・・・ネ。まぁ、色々とありまして??

ワタクシは、ホントこの手の‘量産機’というか‘やられメカ(モビルスーツ)?’が好きなのよネ、マジで。ナンかリアルっぽく?兵器に感じてしまう?からかも知れないけど??ナンのこっちゃcoldsweats01

しかもナゼか‘Z系’なのヨ。でもってdown

Rezelwr_2

仕様違いのコレも、勢いで?予約してしまいましたsweat02

コイツが届く前に‘bディフェンサー’を作らなければsign03

バンダイ プレミアム 1/144 リゼルC型(ゼネラル・レビル配備機)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

HGUC MSN-001‘デルタガンダム’を作ってみた!! その3

Delta_gundam1

Delta_gundam19

大分間が開いてしまったがsweat02 HGUCデルタガンダムの続きネ。

今回はモビルスーツ形態の画像をうp!しかし、画像をデジカメで撮るたびに思うのだが、この手のアクションポーズの撮影って、結構難しいのよネsweat01

まぁ、例によってワタクシなりにガンバってみました・・・・・・ヨ、余り上手じゃないけどcoldsweats01

では、Let’s Godown

Delta_gundam2
Delta_gundam3
Delta_gundam6
Delta_gundam7
Delta_gundam5
Delta_gundam4
Delta_gundam10
Delta_gundam12
Delta_gundam15
Delta_gundam16
Delta_gundam18
Delta_gundam14
オマケにROBOT魂のユニコーン・デストロイモードとのツーショットsign03 スケールも大体1/144ぐらいだから丁度良いのデス。

Delta_gundam20
Delta_gundam21
Delta_gundam22
・・・・・とまぁ、以上HGUCデルタガンダムの続きでした・・・・・・・。

改めて思うんですけどネ、ヤッパ「Z系」のガンダムってヒジョーにカッコ良いと再認識致しましたデスよ。特に今回のデルタ(δ)ガンダムには完璧にやられました!

このデルタのキット、1/144スケールのHGUCだけでなく、1/100MG(マスターグレード)でもリリースされないかナァ~~なんて思うこの頃なのデス。

ネ、バンダイさん!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

HGUC MSN-001‘デルタガンダム’を作ってみた!! その2



Delta_gundam6


HGUCデルタガンダムの続きネnote

ようやくウェイブ・ライダーに変形させたので画像うpcamera 変形自体はパーツ差し替えタイプなので、MGデルタプラスの時のような(ゼータやゼータプラスもそうだがsweat02 まぁ、良く出来ているんだけどネ)複雑な変形ギミックは無し!

基本的に胴体部分を別パーツで作り、そこに腕だの足だのバインダー(ウイング)だの、専用パーツなどを差し込めば完成!・・・という感じなのよネ。

ではイッテみましょうdown

Delta_wr1

Delta_wr2

Delta_wr3

Delta_wr5

Delta_wr9
デルタプラスのウェイブ・ライダー形体もそうだったけど、このデルタガンダムのウェイブ・ライダーも全体的に厚みが薄くなるように設計されていて、ヒジョーにスタイルが良いgood 戦闘機としてのカッコ良さがバッチリ出ていると思うネ。・・・・・・・まぁ、実際には飛びそうに無いデザインだけど。

それでも個人的には‘SF世界観’の中で人型兵器(モビルスーツ)から戦闘機(あるいは飛行)形体に変形するとなると、こんな感じの方がリアルっぽい?のではなかろうか・・・・・・ネ??

まぁ、「マクロス」のバルキリーの方がヤリ過ぎ感が個人的にはあるのよネ。というか、アレは基本的にFー14やスホーイSu27とかのデザインの前程にあって、そいつをある意味‘無理くり’人型兵器(バトロイドだっけ?)に変形させているから、ガンダムの世界観とはまるっきり成り立ちが逆説的なのよ・・・・・・って、ワタクシは思いますflair

つまりマクロスの場合は「戦闘機在りき」って事なのよネ。というか、ワタクシは戦闘機やヒコーキがヒジョーに好きだというのは何度も書いて来たと思うけど、SF世界観の中であのバルキリーは余りにも現実過ぎるっていうか、・・・・・現在の戦闘機形態から余り脱皮していないというのが‘どうなんだろう??’って思うのデスよ。

あの一昔前主流のデザインに酷似した戦闘機が‘空間’を飛び回る(宇宙の場合‘飛ぶ’というのだろうか?)というのは逆にヒジョーにナンセンスというか、発想が無いというか・・・・・・。現代のF-22やF-35のカタチの方がよっぽど‘SFっぽい’と感じてしまうのデスよ、かの‘バルキリー’と比べるとネ。まぁ、アレはアレでカッコよいとは思うけど。

大体現在の戦闘機のキャノピーにしたって、既にアクリルなど使って無く、ポリカーボネイドで出来ているというのに・・・・・・、さすがにポリカーボネイドのキャノピーじゃ、やっぱ空間は飛べないわナ?????

まぁ、いっかthink 

続きをどうぞdown

Delta_wr6

Delta_wr7

Delta_wr8

Delta_wr10

とまぁ、以上HGUCデルタガンダムWR(ウェイブ・ライダー)の画像うpでした。

例によって‘その3’もあるかも・・・・・・・。余り期待しないで待っててちょsoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

HGUC MSN-001‘デルタガンダム’を作ってみた!!

Delta_gundam

ワタクシにしては珍しく連続投稿sweat02

実はこのHGUCデルタガンダム、昨日F1の予選を観ながらパチパチと組み立てていたのデス。まぁ、実際に始めたのが午後2時ぐらいだったから実質5時間ぐらいの作業時間だったかナ?

前回のMGデルタプラスに比べたら遥かに部品点数が少なく、変形機構も差し替え仕様なので大分楽でしたhappy01

このメッキ金ピカボディ‘百式・完全版?’のデルタガンダムはホント綺麗ネ!しかもチョーカッコ良いscissors

例によって続きは次回以降という事でsoon

お約束の説明書‘能書き’画像down

Delta_gundam1

Delta_gundam2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

HGUC 1/144 デルタガンダムが到着したが・・・・・・

Hguc_delta_gundam

・・・まだ組み立てていませんsweat02 ホントは今日にでも組み立てようって思っていたんだけど、ウチのチビちゃんが急にインフルエンザB型に感染、発症してしまった為にそれどころではなくなってしまいました・・・・・・・。プラス、ワタクシ本人も町内会やらナンやからの用事、更に仕事がらみなどでかなり多忙なのれすweep 

なので、いつになったら組み立て作業に入れるか?・・・・・チョット未定なのよネ。

201202072001248dd

今回はイジョーれすsoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

GUNDAM Standart 12、「百式」って・・・・・・

かなりカッコいいheart04 というかこのサイズで良く出来ていますsign03 

1 

4

3

金色の機体色も光沢のある綺麗な塗装がなされているヨ。ワタクシは今まで余り百式が好きでは無かったが、やはり「デルタプラス」、「デルタガンダム」続きで考えれば興味を抱くべき機体?なんだと思い知らされました。というか、そうは言ってもナニげに百式のガンプラやHcm-proなどはコレクションしているんだけど・・・・・・sweat02

5

後の量産先行機であるデルタプラスとのツーショット!百式が登場するUC:0087では技術的な問題で(クドいが、あくまでも設定上ネsweat01)変形機構がオミットされる事となったが、「機動戦士ガンダムUC」の時代、UC:0096では見事?に量産先行機として変形機構が取り入れられているのよネ、ナゼかsign02 約10年の時間差という事で可能となったのかナ?(設定上sign03

6
Z系統のモビルスーツ揃踏みcoldsweats01 でもって更にdown

7
量産機ゼータプラスC1クンも交えて、ワタクシの大好きなZ繋がりで纏めてみました。やはりZはカミーユ仕様のトリコロールカラーよりも、アムロ・レイ仕様3号機の白ピンク?が一番似合いますナァ~~~、やっぱ。

という、「GUNDAM Standart 12:百式」でした。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

MGデルタプラスを作ってみた その3

MGデルタプラスの続きsoon 今回はモビルスーツ形態ヴァージョンsign03

Photo

Photo_2
量産機の過去と現在みたいな?感じで並べてみました。とにかくこの二機は特にワタクシのお気に入りなのよネheart04 特に今回のデルタプラスはカラーリングもクレーが基調となっていて、実に戦闘機っぽい!

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

ナニげにウイングバインダー内に収納されているカナード翼なども広げてみました・・・・・sweat02 大気内空中戦なぞをイメージ致しまして・・・・・・・coldsweats01 しかし・・・・・相変わらず写真がヘタくそネ、ワタクシsweat02sweat02

Photo_8

Photo_9

Photo_10

ビームサーベル二刀流sign03

Photo_11

Photo_12

しかし、・・・アクションポーズ付けての撮影ってやっぱ難しいネェsign04 ガンプラ専門のブログを書いていらっしゃる方々みたいに中々臨場感のあるショットとかポーズが出来ないcoldsweats01のヨ・・・・・。

Photo_13

・・・・・・デルタプラス・ファミリー?の図。

ナニげに意味も無く?GUNDAM・STANDart、コンヴァージのデルタプラスも並べて撮ってみました。

という事?で・・・・・・down

Photo_14

さっそくコンビニで摘んで来ました、GUNDAM・STANDart第12弾!!

デルタプラスくんのご先祖様?になるのかナ、百式も摘んで来ました。というか、百式は‘デルタガンダム’の未変形版というか、未完成版というか??ナゼか変形しないのに意味も無くウイングバインダーを装備しているというのが少しナゾ?なのよネ、個人的に。なので?ホントは余り百式は好きでは無いんだけど・・・・・・、未建造のまま終わったという(設定上よ!)デルタガンダムはマジカッチョいい!!もうじきHGUCモデルでリリースされるネ。

GUNDAM・STANDart第12弾に関しては次回以降という事で。が、F1もいよいよニューカーの発表ラッシュとなって来たし、我がキミちゃんの今季愛機であるロータスの発表も明日5日(確か)だしネ・・・。だからして、どうなるか判らないけどネ(またsweat02

しかし、我がスクーデリアのニューマシン「F2012」はマジで醜いネェ~~annoy もうちょっとあのノーズの処理、ナンとかならなかったのだろうか??開発陣の神経を少し?疑う・・・・・。見た目よりも現実的な速さが重要と、ステファノ・ドメリカリは苦しげに豪語しているが、過去の歴史から言って、醜い(美しくない)マシンが速かった事は無いヨsign03

ハナシが逸れてしまったが、今回久々にガンプラを作ってみて、ヒジョーに楽しかったhappy01デスよ。 まぁ・・・多少製作時間は掛かってしまったけどネ。でもMGモデルは、そのモデルの完成度が素組みでヘタクソなりにでも、作った後も満足出来るレベルというのがスゴいヨ。これは偏にバンダイご自慢の多色成形樹脂技術のおかげだと思うネ。過去プラモデルというと、塗装しないとまったくおハナシにならないシロモノだったが、バンダイが誇る多色成形技術はそれさえもクリアしてしまったようだ。少し欲を言えば、ランナーとパーツの接合部分がチト太すぎるような??・・・・・この辺はタミヤとかハセガワを見習って?欲しいナァ~~ナンて感じました。でも全体的にはヒジョーに満足ヨ!!

ちなみに我が家の(ワタクシ個人の?)クローゼットの中には、山積みになったMGガンプラが眠っておるのですヨ・・・・・sweat01 しかしながらこれを機会に少し消化してみようかナ?なんて思っているこの頃です、ハッハハハハ~~~~。

それでは御機嫌よう??

[ 英語版 ] down

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧