« 2013年12月 | トップページ

2016年5月の記事

2016年5月 2日 (月)

チョー久々の更新!!・・・・・

てなわけで、まだ生きてるぞぉ~~sign03

ホントにチョー久々の更新でありますsweat02 多分、三年振りくらいか・・・・ナ?ブログページや、投稿欄の使い方さえ、全く忘れてしまっていました。

まぁ、久々に更新してみたのは、何となくワタクシの気まぐれみたいなものでして・・・・・今後も続けて更新するかどうかは、今のところ未定なんだけどね・・・ハハハァ~~~coldsweats01

というのも、ついにF1も地上波やBSで視聴出来ないという時代になってしまったし(動くF1が観れないなんて全くの悪夢)、ここ二、三年のF1は何となく魅力に欠けるというか、年々つまらなくなってしまっているのよネ。復活したホンダもイマイチ冴えない状況だしさ。フェルナンドは一体いつまでこんな状況を受け入れられて、更にどれくらい我慢する事が出来るのだか・・・・・ネ??

メルセデス二台の、他チームを全く寄せ付けない毎戦のブッチぎる速さには、確かにいい加減うんざりだし、それがここニ、三年のF1の魅力を半減・・・・・・どころか消滅させているのは間違いないように思う。というか、進境著しい我がスクーデリアは別として、他のマニファクチャラーの情けなさにも責任の一端はあるけどネ。レギュレーション変更時点での、あのメルセデス・パワーユニットの開発経緯に、限りなく黒に近い‘グレー’な要素があったとしてもサ。

だが、これまでもF1の歴史の中で、ひとつのチームがシーズンを席巻してしまったというのは幾つもあるし、それはホンダ・エンジンがそうだった時期だってあったわけよネ。例えば、1988~1991年とかそうじゃない?(特に88年は16戦15勝だったよネ。91年は、アイルトンが開幕4連勝しているし)
92年から97年までは、ウイリアムズ・ルノーがレギュレーションで禁止になるまでハイテク・ディバイス満載のマシーンで最強だった(とはいっても、94、95年のタイトル・ホルダーはベネトン・ルノーを駆ったマイケルだった・・・94年の時はまだV8コスワース・HBだったか)わけじゃない。それ以後はマクラーレン・メルセデスだったり、我がスクーデリアだったりと、きりがない・・・・・・・・・。
だからといって、それでF1の人気が下火になるなんて事は全くなかったわけでしょ。まぁ、その時代時代にも限りなくグレーで、キナ臭い話は確かに色々あったとしてもネ。

何でかっていえば、そこには‘人間同士’の、あるいは‘チームメイト同士’のタイトルを掛けた熱い死闘(例えばオーダーなし、あるいは無視とか・・・大袈裟か?)が、必ず存在していたからなのよネ。

これまでの、完全にチーム内がコントロールされたメルセデスの盤石な戦いぶりは、彼らが幾ら最強だったとしても、観ている者の心を熱くさせるような、そして感情移入させるような事は多分起きないだろうし、これからもないだろう。

ま、いいか、‘動くF1’は当分観る(観れる)事もないだろうしさ。

というわけで、また気が向いたら更新するかもネ?

Img_13342

GWは、家でまったりと過ごしておりますのヨ。一昨日は、ウチのチビちゃん(とはいっても今年から中学生ダ!!長男は来年、大学の修士課程に進む予定だし、次男も今年から大学生・・・金は掛かる一方だしsweat02、 年月が過ぎるのはホント早っ)と「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」を観て来たのデス。

面白かったのだけれど、ここ数年で‘DCコミック’オタクとなったワタクシとチビちゃん(だからチビじゃないって!)にとって、この映画の結末はちょっと意外なものでしたよ。
このバットマンとスーパーマンの対決の元ネタは、多分コミックの「ブラック・グローブ」シリーズと「ダークナイト・リターンズ」なのかな、もしかしたら?? 

今後も、ベン・アフレックの主演、監督も?だっけかナ??・・・でバットマン・シリーズ(あるいはジャスティス・リーグ?)は映画化されるらしいから、今後も楽しみダ。

 

 

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ