« 入間基地航空祭 2012に行って来た!! | トップページ | 2012 F1 アメリカGP 予選結果 »

2012年11月 6日 (火)

2012 F1 アブダビGP 決勝結果 ヤったネ、キミちゃん!! 復帰後初優勝!!

Photo

キミ・ライコネン(優勝)

「チームのためにすごくうれしい。もちろん僕自身もね。レース中は何が起きるか分からない。セーフティカーがトリッキーにしてくれたけど、今年は何回も似たようなレースをしてきている。今日はクリアなサーキットで僕らのスピードを生かすことができた。最後は最速じゃなかったかもしれないけど、勝つための十分な速さと一貫性があった。チームにとって素晴らしかったよ。シーズン後半は難しいレースもあったから、勝利で戻ってこられてファンタスティックだ」

エリック・ブーリエ(チーム・プリンシパル)

「まずは一言。グレートだ。次に浮かんでくるのは"ホッとした"や"ふさわしい"という言葉だね。本当にチームにとってふさわしい結果だ。キミはよくやってくれた。とてもいい仕事だった。われわれはシーズンを通して懸命にプッシュしており、これまであと少しというところまで来ていた。もっと早く勝てなかったことに対しては少々不満が残るが、われわれはずっと待っていた。とうとうその勝利を達成できて素晴らしい気分だし、チームにとって最高の報酬だ。F1にとって、キミにとって、そしてわがチームにとってグレートだ」

ジェームズ・アリソン(テクニカル・ディレクター)

「これほどうれしいと、決まり文句以外の言葉が見つからないものだね。今年は幾度かじらされながら、ポディウムの頂点に復帰するのを長い間待っていた。キミの完ぺきなドライブと、常に目標を見失わなかったエンストンチームの粘り強さのたまものだ。シーズンは残り2戦。オースティンへは軽い足取りで向かうことができる。これを励みに、もう一度同じことをやり遂げ、どこまでできるか試したい」

260_1024x653

16740

425_2

059_1024x652

263_1024x654

内気でロボットのような態度が揶揄(やゆ)されたこともあった2007年のチャンピオンであるライコネンは"アイスマン"の愛称で親しまれている。このニックネームを思いついたのは報道陣だったものの、今は誇りをもってライコネンの腕にこの名のタトゥーが入れられている。

4日(日)に、カムバックしたドライバーは勝利をもぎとれないとの見方を覆したライコネン。レース中盤には2番手とのギャップを知らせてくるなとエンジニアを叱責していた。

「ほっといてくれ。自分が何をしているかは分かっているから」

その後、表彰台でマクラーレン時代にチームメイトだったデビッド・クルサードからそのときの気持ちを言葉にするよう求められたライコネンはこう話している。

「実際のところ、そうでもない」

「前は僕が十分にスマイルしないって君たち(メディア)が言ってたし、多分今回も同じだね」

後になってライコネンは別のレポーターに「もう言ったように、僕はハッピー。だけど飛び回るようなことは何もない」とコメントした。

しかしながら、アラブの文化的背景から表彰台で飲んだのはノンアルコールのローズウオーターだったものの、その後にどこでお祝いをするつもりだとライコネンは認めている。

祝勝に"何日"費やすつもりか聞かれたライコネンは「次のレースに間に合うかぎり、チームは満足だと思うね」と返答した。

また、"ロータス"が優勝したのは1987年のアイルトン・セナ以来だと聞かされたライコネンには、まったく感傷的な様子はなかった。

「名前でしょ。フェルナンド(アロンソ)がいたとき(ルノー時代)と同じチームで、名前が違うだけ。僕らにとっては素晴らしいチーム名だね。素晴らしい歴史がある。でも名前がなんであれ僕はチームのためにレースするし、どうでもいいことさ」

|

« 入間基地航空祭 2012に行って来た!! | トップページ | 2012 F1 アメリカGP 予選結果 »

F1(2012)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216357/56058037

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 F1 アブダビGP 決勝結果 ヤったネ、キミちゃん!! 復帰後初優勝!!:

« 入間基地航空祭 2012に行って来た!! | トップページ | 2012 F1 アメリカGP 予選結果 »