« 2012 IZOD インディカー Round 2 & オーバル・ニューエアロ・パッケージテスト・・・など? | トップページ | 2012 F1 中国GP 決勝結果 »

2012年4月14日 (土)

2012 F1 中国GP 予選結果

Photo

キミ・ライコネン

土曜フリー走行:9番手
予選:5番手

「グリッドポジションはいいとして、タイム的には今日のクルマのペースにガッカリだ。ルイスのペナルティで1つ繰り上がるけど、ポールのタイムと比べると特に、本来のスピードが感じられなかった。今週末はいくつかのアップデートを試してみたけど、思い通りに働かなかったから以前のものに戻したんだ。過去2戦と比べてクルマに対する確信が持てないままレースを迎えることになる。もっと上のグリッドからスタートできたはずだ。明日に期待するよ。ベストを尽くすし、スタート位置より上でフィニッシュしたい――つまりは表彰台だ」

アラン・パーメイン(コースサイドオペレーションディレクター)

「キミの位置がマシンの実力といえる。彼自身もパフォーマンスに満足しているだろう。予選中は彼が素晴らしい仕事をしてくれたので、ここまでのわれわれの展開を思えば満足だ。ロマンの純粋なペースはキミとそれほど変わらないが、予選ではすぐにペースを発揮できなければタイヤが足りなくなってしまう。キミは1セットのソフトタイヤだけでQ3へ進んだが、ロマンは3セットを必要とした。そのためQ3ではもう新品が残っていなかった。ロマンには速さがある。あとは予選状況のハードタイヤでそのペースを出せるようにしなければならない。彼にはソフトの新品がなかったため、彼以外の全員が新品を持っているQ3で優れたタイムを出すのは難しかった。ロマンが10位より上のグリッドを獲得できる可能性はほとんどなかったが、それでもわれわれは彼を送り出した。しかし、中間タイムを見てすぐに可能性がないことが分かったので、レースのために1周でもタイヤをセーブしようとピットに呼び戻した。今回はアップデートパッケージを持ち込んだのだが、昨日はその大部分で納得することができなかった。そのため、ほぼすべてをマレーシアの仕様に戻しており、それが本来のペースを発揮できなかった原因だと思われる。1日も早く、すべてのエレメントが機能するようにしたい。われわれは1戦1戦に全力で取り組むしかないが、これまでは前の2台のメルセデスよりレースでは強かった。だが、ポールのタイムからは大きく離されてしまっており、今回の彼らは明らかに強そうだ。レースでは周囲のマシンに勝ちたい。スタートとタイヤの使い方、レースペースには自信がある。面白くなりそうだ」

Kr1
Kr3
Kr4
Kr6

|

« 2012 IZOD インディカー Round 2 & オーバル・ニューエアロ・パッケージテスト・・・など? | トップページ | 2012 F1 中国GP 決勝結果 »

F1(2012)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216357/54471915

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 F1 中国GP 予選結果:

« 2012 IZOD インディカー Round 2 & オーバル・ニューエアロ・パッケージテスト・・・など? | トップページ | 2012 F1 中国GP 決勝結果 »