« F1ニューカーラッシュだが・・・・・・ | トップページ | GUNDAM Standart 12、「百式」って・・・・・・ »

2012年2月19日 (日)

巷でウワサのレッドブルRB8の‘ノーズダクト’って・・・・・・

メルセデスGP以外の2012シーズン・ニューマシンが公開されたが、例のレッドブルRB8のノーズダクトの‘意味?’が巷で技術的論議の的になっているようだ。このダクトは‘何処に?’繋がっているのか?というヒジョーに興味深い考察が物議を醸しだしている。

Rb82
upつまりこのダクトの事なのよネ。

今季レギュレーションにおいて、ここ2シーズンほどエアロダイナミクスに貢献した排気ガスの流出速度を利用したブロウン・ディフューザー・ソリューションが、今季からはリアディフィーザーの形状とエキゾーストのデザインそのものがFIAから厳しくチェックされる事となり、ブロウン・ディフューザー・ソリューションは事実上禁止となった。このディバイスの発案者である‘巨匠’エイドリアン・ニューウィはその為にブロウン・ディフューザーに変わるエアロダイナミクス代替コンセプトをRB8に盛り込んでくるだろう?とは誰もが想像するのは当然だ。それがこの‘ダクト’に秘密が隠されているのではないか?と思われ、議論の的となっている。

しかし、プレス関係、あるいは技術指南の雀達?の予測的コメントでは、

「サイドポッド後半に内臓しているKERSシステム冷却の為では?」

「コクピット内部クーリングの為?」

とかが言われている一方、

「車体下面にダクトが導かれているのでは?」

とも予測されている。

AS-webの最新記事によれば(以下抜粋)down

「F1の権威あるふたつの情報源が、エイドリアン・ニューエイの説明するレッドブルRB8の“レターボックス・スロット”の役割について疑問を唱えている。

 昨年のグリッドを埋めたブロウン・ディフューザー・ソリューションの生みの親であるニューエイは、レッドブルの新車RB8で採用したステップノーズのレターボックス・スロットについて、単にドライバーを冷却するものだと説明している。

 しかし、ある空力の専門家は、今回のニューエイの説明に疑問を抱いており、モノコックの空気はパフォーマンス上の利益を生むために、他の箇所に導かれているのではないかと推測していると、YallaF1が伝えている。

 ある匿名のエンジニアは、「それならドライバーたちは雨が降ったら足が濡れることになるね」と述べている。

 また、過去にマクラーレンやフェラーリ、ベネトン、プロストなどで腕を振るい、最近はスポーツカーチームのエプシロン・エウスカディを率いるジョアン・ビラデルプラットもニューエイの説明に納得していない。
「個人的には、その開口部がドライバーをリフレッシュさせるものだというエイドリアン・ニューエイの説明は信じていない。それが必要というなら、セバスチャン・ベッテルとマーク・ウエーバーは、これまで半分眠って運転していたことになるからね」と、彼はEl Pais紙にコメントしている。

 イタリアのスポーツ紙La Gazzetta dello Sportは、RB8のインレットが2008年フェラーリの革新的なノーズスロットと同じように、空気をフロアの下に流しているのではないかと推測している」

と、なっている・・・・・・がsweat02 しかし、ワタクシもこのダクトがそんなモノ(ドライバーのクールダウン?)の為に使われているなんて到底信じられないし、 当然何某かのエアロダイナミクスに貢献していると信じる。まぁ、ワタクシは専門家じゃないからナンとも言えないけど・・・・・ネ。

でもって、ワタクシがこのダクト関係でヒジョーに気になったRB8の部位がここなのヨdown

Rb83

Rb84_2

上の画像の手前に写っているサイドポッド開口部上面、小型フィン手前に位置するアウトレット・ダクト。下の画像では、ちょっと判りづらいけど右淵下にある部分ネ。というか、このアウトレットは一体ナンぞや??ってワタクシは思うのヨ。

部位的に意味が良く判らない?? 通常、こんな場所にアウトレット・ダクトが必要なのか?どうなのかヒジョーに疑問なのダ。ダクトがある場所は冷却器の前縁部分で、とても放熱の為のアウトレットとは思えない。

なので、個人的にはこのアウトレットにノーズダクトが繋がっているのでは?と思ってしまうのだ。反対側の画像が無いのでナンとも言えないが、多分反対側の同じ部位にアウトレットがあるはず。

ノーズのインレット・ダクトから引き込まれたエアはモノコックノーズ上面内部のトンネルで左右に振り分けられ、サイドポッド上面に吐き出されてボディ上面(サイドポッド上面)を流れている空気流に加速を付ける?のではないのだろうか?基本的にダウンフォースは、マシンフロアと路面との間で出来る流速(負圧)によってしか発生しない。ボディ上面(ウイング上面)で出来るほとんどはドラッグ(抵抗)となってしまう。それをフロア後部下面からディフィーザーによって排出される大気速度より速い空気流速が後部に引っ張り抜くというのが基本的概念のはず?だsweat02

サイドポッド上面の空気流がもしも加速させられれば、後部下面排出エアの仕事量を更にスムーズにさせる事が出来るのでは??な~~んて勝手に素人は考えるのよネェ~~coldsweats01 アッハハハ~~~~~sweat01

ホントのところはシーズンが幕を開ければ判るでしょ。

まぁ、個人的にチョット気になったので書いてみました。それでは(おじぎ)

|

« F1ニューカーラッシュだが・・・・・・ | トップページ | GUNDAM Standart 12、「百式」って・・・・・・ »

F1(2012)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216357/54022085

この記事へのトラックバック一覧です: 巷でウワサのレッドブルRB8の‘ノーズダクト’って・・・・・・:

« F1ニューカーラッシュだが・・・・・・ | トップページ | GUNDAM Standart 12、「百式」って・・・・・・ »