« 東日本大震災について | トップページ | 2011 F1オーストラリアGP & インディカー St PeteGP 金曜日結果 »

2011年3月19日 (土)

東日本大震災について その2

一週間が経った。

福島第一原発の問題を含め、想像を絶する被害の大きさに戸惑っている。

岩手、宮城、福島などの東北で被災された人達が、寒く窮屈な避難所で必死に頑張って生活している。

それなのに、被災しなかった我が関東圏では当初、一部の‘心無い’人達による食料品やガソリンの‘醜い’買占めが横行した。

関東は地震による直接的な被害は無かった。それでも電力供給が不足している為に戦後発の計画停電が実施された。

一時、日経平均株価は大幅に下落して最安値を記録した。円も大量に買い込まれた。

原発停止の影響は、鉄道輸送業務、一般のオフィス業務などの社会基盤に大きな影を落とし続けている。燃料の供給不足は、仕事でクルマを使う人達にかなりの打撃を与えている。

都内や関東圏の食料品や生活物資の不足と供給の問題は時間と伴に解消していくだろう。東北で被災された方々に比べれば遥かにワタクシ達、関東圏の人間は恵まれた環境で生活が出来ている。

買占めに奔走した人々は、何をそんなに焦ったのだろう。二度と食料品や燃料が手に入らないと錯覚でもしたのだろうか。

関東も直後に大地震に襲われるとイメージしたのかも知れない。ワタクシも正直そう想像したし、今もその可能性は否定出来ない。

しかし、関東も大地震の直撃を受けたとすれば、買占めて溜め込んだ個人的な物資は多分無駄となってしまうだろう。

あるいは被災した時に買占めた物資を非難所で多くの人達に分け与えるつもりだったのだろうか。我先にと買占めた人達なのに。

買占めが横行すれば、広範囲な人達に必要最低限な物資も行き届かなくなってしまう。

多分、そういう人達に「冷静になって下さい」という言葉は無力なのだと感じた。

必要なのは正しい情報と判断力だと思う。

周りが間違った情報と判断で、あるひとつの方向にベクトルが向き始めてしまうと、人はそれらに流されやすくなってしまう。恐慌が起きると取り残される恐怖心で冷静で居られなくなってしまうのかも知れない。

余震は関東も含め、今も断続的に続いている。

そんな中、東北の被災地では自衛隊、消防、警察、役所の人達が危険を承知で瓦礫の中を、ひとりでも多くの人を救い出そうと懸命に捜索してくれている。頭が下がる想いだ。

だからこそ、政府、原子力保全委員会、東京電力はなによりも正しい情報を開示し、福島に住む人々を全身全霊で救わなければならない。原発被害を、放射線被害をこれ以上広めてはならない。

ご都合主義と思われても仕方が無いと思う。16年前の阪神大震災の時、まるで他人事の様に受け止めていた自分が恥かしい。

|

« 東日本大震災について | トップページ | 2011 F1オーストラリアGP & インディカー St PeteGP 金曜日結果 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216357/51162201

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災について その2:

« 東日本大震災について | トップページ | 2011 F1オーストラリアGP & インディカー St PeteGP 金曜日結果 »