« 2009 F1 Round17 アブダビGP 決勝結果 | トップページ | ネタぎれ・・・・・!だけど、・・・あれこれ。その38 »

2009年11月 5日 (木)

トヨタF1完全撤退について

(トヨタ自動車 プレスリリースより)

「トヨタ自動車(株)は、2009年をもってフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)から撤退することを発表した

トヨタは、昨年来の急激な経済情勢の変化の中でも、豊かなクルマ文化の創造に向けた重点施策として、モータースポーツの最高峰であるF1への参戦を継続してきた。しかしながら、昨今の厳しい経営環境を踏まえつつ、来年以降のモータースポーツ活動についても、あらためて中長期的な観点から総合的に検討した結果、本年限りでのF1からの撤退を決定した

今後、F1に参戦していたトヨタのモータースポーツ子会社 Toyota Motorsport GmbH(トヨタ モータースポーツ有限会社)は、欧州におけるモータースポーツ活動拠点へと、事業内容を転換していく予定である

トヨタはモータースポーツ活動を、クルマの持つ“夢”や“感動”をお客様にもたらす大切なものと位置づけており、F1には2002年以降8年にわたって参戦してきた。多くのチームがしのぎを削る最高峰のレースへの挑戦は、トヨタのブランド認知度・信頼度の向上や、技術開発、人材育成など、さまざまな面でトヨタに多くのメリットをもたらしてくれた、かけがえのない貴重な経験であった」

2002年よりF1世界選手権に参戦していた、自動車業界の世界的‘ガリバー’であるトヨタが、今季限りで完全撤退することとなった。

Cimg0821

・・・・・・、個人的に想うが、トヨタのF1参戦というのには、いったいどういう意義があったのだろう?年間の自動車販売台数で、今まで世界を凌駕してきたアメリカのGM(ゼネラル・モータース)を抜き、その年間世界販売台数は、限りなく1000万台に達しようとしていたほどの巨大メイクスのF1においての意義というのは?

ナゼ、トヨタはF1に参戦しようと考えたのだろうか?トヨタ自動車という大企業においてのモータースポーツに対する想いというのはナンだったのだろうか?

それは、単なるコマーシャリズムの一環だったのか、自動車販売で世界規模を誇る大企業としての立場上のモノ(つまり売名行為に似た)ものだっただけなのか?

富士スピードウェイを買収し、F1が開催出来るように巨額の資金を投じて改修し、開催誘致に奔走して、2年連続開催にて休止(中止)・・・・・・・・確かに去年秋以降のリーマン・ショックによる世界的な景気後退によって、というのは判る。が、それはメルセデスにしても、ルノーにしてもしかりだ。

Cimg0826

多分、トヨタはF1とかモータースポーツを愛しているワケではなく、「トヨタ」というメーカーをアメリカだけではなく、世界に認知してもらう為の‘ツール’としてのF1という認識しかなかったのだろう。F1の世界で60年間君臨してきたスクーデリア・フェラーリの方法論を分析し、シャシー、エンジンも自前で用意し、自社サーキットを所有、確かに体制的には資金力にモノを言わせ、フェラーリと同等かそれ以上という申し分ない状態で臨んできたが、トヨタに唯一足りなかったのは‘歴史と’それに対する’愛情’だったのだろう。

F1という、ヨーロッパ世界に根ざす文化や歴史は、簡単にお金にモノを言わせれば手にはいるモノではナイというのがトヨタは痛いほど分っただろう。「レクサス」は確かに現代的で、ソフィティケイドされているように感じるが、その価値感に重みがない。ただ意味もなく高価なだけだ。

フェラーリや、フランク・ミューラー、シャネル、エルメスがヒジョーに高価なのは、消費者がその製品だけを単に買うワケではなく、そのメイクスが背負っている「歴史」もいっしょに買うからなのだ。それは、そのメイクスが持つこだわりに似た製造方法や縫製方法などの歴史が積み上げてきた「信用」力であり、それが歴史であり、それに見合った対価ということなのだと思う。

一方でトヨタが現代社会に残してきたモノ、それは他メイクスではマネの出来ないマス・プロダクションに則った大量生産による製品(自動車)の広範囲な普及であり、それによって誰もが自動車のある生活というのが可能になったのだ。それはそれでとても偉大なことだし、それがトヨタが築き上げたきた歴史なのだ。それによって巨万の富を得たトヨタは自動車文化の最高峰ともいえる「F1」の世界に打って出たが、このF1という分厚い歴史に対抗出来るのは資金力だけではなく、それにプラスして愛情が必要だったのでは?と感じる。

ヨーロッパでは、二輪車の時代からその知名度を保っているホンダでさえ、第3期F1活動は失敗に終わってしまった。

トヨタがもっと違ったアプローチでF1に挑戦していたらな?って思うと、残念でならない。しかし、巨額の改修費を懸けたFISCO(富士スピードウェイ)はどうすんだろ??

せめてもの救いは、サーキットホテルの建設まで行わなかったということかナ?判んないけど??

お疲れサマcoldsweats01

|

« 2009 F1 Round17 アブダビGP 決勝結果 | トップページ | ネタぎれ・・・・・!だけど、・・・あれこれ。その38 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216357/46675181

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタF1完全撤退について:

« 2009 F1 Round17 アブダビGP 決勝結果 | トップページ | ネタぎれ・・・・・!だけど、・・・あれこれ。その38 »