« スクーデリア・フェラーリ、「軽量改良型F60」シェイクダウン!! | トップページ | 2009「インディ500」が開幕!まずは‘ROP’でポール・トレイシーがトップタイム!! »

2009年5月 4日 (月)

アイルトンの次は「ジル」の命日か・・・・・・・。

前々回の日記で、アイルトンのコトを書いたが、今度は我が愛すべきドライバーのひとりであるジャック・ヴィルヌーブの父であり、やはり崇拝すべきドライバーである「ジル・ヴィルヌーブ」の命日(5月8日)がやってくる。

・・・・・、ナンだかナァ~、5月って。ふたりの‘偉大’なドライバーが、偶然にも同じ月に事故死してしまうなんてネ・・・・・・。1982年の5月8日といえば、当時まだワタクシは高校生で、以前から書いているが、その頃TV中継もまだ無く(TBSがスポット放映の契約権を持っていたくらい)、ジルの事故死のコトは一般誌(新聞)のスポーツ欄に記載されていた記事によって知ったのデス。そして、その晩(夕方?)のCX系「スーパーニュース」のスポーツコーナーで取り上げられ、初めて事故当時(予選第2セッションでの)の映像を目にしたのでした・・・・・・・。

当時のF1に関しての情報源といえば、「オートスポーツ」誌、「オートメカニック」誌、「CG(カーグラフィック)」誌ぐらいで(やはり以前に書いた?)、映像そのモノの情報というのがヒジョーに乏しく、活字と写真からでしかその大部分を得られなかった時代だったが、ジルが事故死したベルギーGPの前戦であるサンマリノGPで起きたディディエ・ピローニによる‘クーデター?’の一件はちょっと気になっていたところだったし、更にそのサンマリノGPの映像をみるコトが出来なかったので、ナンかイヤな空気が個人的に漂っていたのを思い出す。

ジルの事故のコトや彼についてのエピソードは、ミニカー記事の時に併せて、アイルトンの件と同じように今まで何度か‘小出し’に書いてきたけど、・・・・・・今回も同じようになってしまうのかもしれないが・・・・・・・・、この1982年と言えば、シーズン開幕の南アフリカGPのっけからヒジョーにゴタゴタ揉めていたのである。1980年から尾を引いている「FISA対FOCA」の権力争いに輪をかけ、FISAによる‘ドライバーズ・ライセンス(スーパーライセンスという言い方が始まったのもこのシーズンからだったと思う)’発給に際する「承諾書」に記された‘一文’がドライバー間で議論となり、ほとんどのドライバーがその「承諾書」にサインするコトが出来ずにいて、開幕戦の初日(金曜日)をドライバー達が「ボイコット!!」するという事態に発展してしまい、「GPDA」を巻き込んでの大騒動となったのである。

その‘一文’とは、確か「FIA及びFISAはレース中に起きた事故、それによる怪我、死亡に対して、一切の責任を負わないモノとする」というような内要だった(つまり責務を負わない)と記憶するが、ドライバー達はこの‘一文’に反応し、怒りを露わにしたのダ!!

当時「GPDA」の理事を務めていたのがニキ・ラウダとジルで、彼らの呼びかけにドライバー全員が賛同し、彼らの宿泊ホテル内にあるバンケット・ルームに立て篭もってFISAに対して、その問題となっている‘一文’を削除するようアピールを始めたのダ!グランプリ・ウィークの初日がドライバー達の‘ボイコット’によりキャンセルされるなど、前代未聞の出来事である。

一番焦ったのは当然のコトながら‘興行主’FOCAのボスであり、ブラバム・チームのオーナーであった、バーニー・エクレストン!パニクった彼はこれらの出来事に対して、こう言い放ったのダ

 「誰でもイイから‘フェラーリ’や‘ロータス’をすぐに走らせるんダ!!どうせ観客は‘フェラーリ’や‘ロータス’のF1マシンを観に来るんだから!!」

と・・・・・・・。このバーニーの‘イカれた’コメントに対してジルは敏感に反応して魅せたのダ!

 「観客は毎回、ボクやアラン(ジョーンズ)、ニキのドライビングを観に来るんダ!!’政治家’はこの場から立ち去るべきダ!!確かにボクはこの‘スポーツ’によって沢山の収入を得る事が出来たが、たとえ今日1日でこの財産が無くなって‘一文無し’になったとしても、ボクのドライビングを観に来てくれる観客がいる限りは走り続ける事を辞めはしないヨ!! 間違いなく観客はボクらが走るのを楽しみにして観にくるんダ!!」

・・・・・多くの人達が、このジルのコメントに対して感銘を受けていた。そして、みんなが忘れかけていた「ナニか?」を、その瞬間思い出させてくれたのである・・・。ドライバーは‘コマーシャリズム’や‘ビジネス’の為だけの「ツール(道具)」ではなく、やはり‘ひとり’の人間なのである。どの世界でも‘持ちつ持たれつ’という関係で成り立っており、確かに‘危険’を承知でこのスポーツを「選択」したのは彼ら自身であるかもしれない。だからといって、主催者側、あるいはこのスポーツを司っているFISA(FIA)が彼らを‘ないがしろ’にしていいワケはナイのである!!彼らにも尊重していいハズの「人権」があるのだから。

Gv63a

結果的にその‘一文’は削除され、1982年シーズンもどうにか土曜からシーズン・インしたのであるが・・・・・・、まさか、その約二ヵ月後にジルが・・・・・・・・・。しかし、今日のF1が比較的‘安全’となったのは「彼ら」達が築き上げた礎があればこそであり、アイルトンもしかりである!

そんなコトを思い出してしまった、というか「5月」って毎年そうなのよネ、悲しいかな・・・・・。「5月」って憂鬱だナァ~~~despair

|

« スクーデリア・フェラーリ、「軽量改良型F60」シェイクダウン!! | トップページ | 2009「インディ500」が開幕!まずは‘ROP’でポール・トレイシーがトップタイム!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216357/44893945

この記事へのトラックバック一覧です: アイルトンの次は「ジル」の命日か・・・・・・・。:

« スクーデリア・フェラーリ、「軽量改良型F60」シェイクダウン!! | トップページ | 2009「インディ500」が開幕!まずは‘ROP’でポール・トレイシーがトップタイム!! »