« TV放映された映画版「マイアミ・バイス」を観て・・・・・。 | トップページ | ‘ついに’と言うか、‘やはり’というか・・・ホンダF1活動撤退!!について その2 »

2008年12月 6日 (土)

‘ついに’と言うか、‘やはり’というか・・・ホンダF1活動撤退!!について

Photo 昨日12月5日、‘激震’が走った!!‘震源地’は東京・青山一丁目、・・・それは日本国内だけに留まらず、‘グローバル’な影響を及ぼしたのではなかろうか!?今夏、米国で表面化した「サブプライム・ローン」の破綻による‘住宅バブル’の崩壊、そしてそれに連鎖した世界的な‘金融不安’、‘景気大減速’はついに我が国の世界的な自動車生産(販売)会社であり、モータースポーツの「象徴」、「殿堂」と言えた「本田技研」にもその影響力を与えてしまった!

「ホンダ」のそれこそ象徴だった「第3期F1参戦活動」からの完全撤退を今日発表したのダ!! 以下、「ホンダ」が発表した撤退に関する公式リリース文。

                 

                   F1レース活動について

私どもHondaは、このたび、2008年をもってF1レース活動から撤退することを決定いたしました。

サブプライム問題に端を発した金融危機と、それらに伴う信用危機、各国に広がった実体経済の急速な後退により、Hondaを取り巻くビジネス環境は急速に悪化してきています。当面の世界経済は不透明さを増すばかりであり、回復にはしばらく時間がかかることが予想されます。

Hondaはこの急激かつ大幅な市場環境の悪化に対し、迅速かつフレキシブルに対応をしてきましたが、将来への投資も含め、さらに経営資源の効率的な再配分が必要との認識から、F1活動からの撤退を決定いたしました。今後のHonda Racing F1 Team、英国でエンジンの供給を行ってきたHonda Racing Development Ltd.については、チーム売却の可能性も含め従業員と協議にはいります。

Hondaは第3期のF1活動として、2000年よりB・A・Rとの共同開発という新しい形での参戦をいたしました。その後のF1を取り巻く環境変化により2006年よりHondaが100%出資するチームとしての運営に移行しました。最高峰のレースへの挑戦は、思いのほか厳しい道のりでしたが、多くの応援を頂き、2006年に貴重な1勝をあげることができました。頂いたご声援に十分お応えすることなく撤退の決定をすることは大変困難をともなう決断でした。

今後は、この激動の時代を生き抜き、レースで培われたチァレンジング・スピリットをもって、 様々な新たな課題に引き続き挑戦し続けてまいります。

これまで、ご声援をくださった多くのファンの皆様、そして活動を支えてくださったF1界の皆様に対し、心よりお礼申し上げます。

尚、来年、鈴鹿サーキットでは予定どおりF1日本グランプリを開催いたします。来シーズンに向けての改修工事も順調に進んでおります。

 ありがとうございました。

 本田技研工業株式会社

 代表取締役社長

 福井 威夫

う~ん・・・・・・・・、ナンて言ったらイイのか・・・・・、言葉が出ない状態ダ・・・・・・・。以前この日記でも世界的な‘金融不安(つまり「レバレッジ」の崩壊)’がもたらすその影響力に関しては「いつ」我がF1の、あるいはモータースポーツの世界に浸透してくるのだろう!?という懸念したコトを何度か書いたが、・・・それはオランダ政府から公的資金の注入を受けた「ING」やそれを英国政府に申請している「RBS(ロイヤルバンク・オブ・スコットランド)」、スペインの「サンタンデール銀行」など、チームのタイトルスポンサーになっているばかりではなく、シリーズ各戦の‘冠スポンサー’も務めている金融関係の各会社が来季以降のサポートがホントのところ可能なのか?というコトを・・・・・・。

そしてその懸念はいよいよ「マニファクチャラー」にまで及んだのダ!我が国を代表する世界的な自動車メーカーのひとつである「ホンダ」は直接的に「サブプライム・ローン」による金融被害を受けているワケではないが、その直接的なダメージを受けているアメリカ国内市場の‘未曾有’の「後退」、「縮小」によりクルマがまるで売れなくなってしまったのはご存知のとうりで、「ホンダ」だけに限らず、それは‘ガリバー’である「トヨタ」、そして「日産」もその利益の大部分をこのアメリカ市場で稼いできたのである、今まで。まぁ、本家の「3大メーカー」の将来も暗澹たる状態なのだから、その影響は計り知れないモノだろう。これは「クルマ」だけに限らず、我が国の「家電製品」、「精密機械」、「重機」などの基幹輸出工業品全体にその実害を及ぼしている。

確かに「F1」などやっている場合ではないのかもしれない。只でさえ「ホンダ」はそのF1における‘何百億円’という年間活動費を、タイトルスポンサーを獲得できなかったが為に、そのほとんどを自社から‘持ち出し’となっているのだから!もしもこの世界的な景気後退がなければ?まだ何とかなったのかもしれないが、・・・・・どうなんだろうネェ~、年々高騰していく活動予算に対して・・・・・ホントに持ちこたえるコトができたかどうかは疑問に感じるのだが。

Honda001

しかし・・・・・・・、このホンダによる「第3期F1参戦」とはいったいナンだったんだろう??まるで、「踏んだり、蹴ったり」の‘10年間’?だったのでは、・・・そう、確かこのプロジェクトが立ち上がったのが98年だったと思うから、ちょうど‘10年’だネ。前にも「スーパーアグリ」の話題の時に書いたかもしれないが、元々「オールホンダ」での参戦を予定しつつも頓挫し、「BAR(ブリティッシュ・アメリカン・レーシング、母体はレイナード・カーズ)」との‘エンジン供給’、‘技術供与’による‘共闘’にトーンダウンし、チーム内の紛争、親会社である「BAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)」との‘イザコザ’や買収を睨んだ‘かけひき’、完成されていないエンジンの‘2チーム供給’そして「スーパーアグリ」・・・など、まるで歯車が狂い続けた10年間だったのでは・・・・・・・!まさか!まさしく‘まさか’こんな結果に終わろうとは誰もが想像できなかっただろうし、想像しなかっただろう・・・・・。

今思い起こせば、当初から「ホンダ」はこのF1活動再開に際し、ナニか‘大きな’勘違いをしていたのではナイだろうか?「第2期」の輝かしい実績もあったワケだし、・・・・・しかしながら「ホンダ」がお休みをしていた6年か7年の間でF1の世界は大きく様変わりしていたんだというコト自体に実は気づいてなく、ひょっとしたら再開当時も「パッケージ」よりもまだ「エンジンパワー」だけに拘り続けてしまったように思えるのダ。だからこそ再開当時もマニファクチャラー間で「一番重い」エンジン(RE000)などを造ってしまったのかもしれないし、しかしそれは「ホンダ」伝統のエンジンに対するアプローチだからしょうがないという部分も否めないのだが・・・。つまり「重くても、頑丈に出来ていてハイパワーなエンジン」という・・・・・・、う~ん、これは「ホンダ」社内にある(あった)‘フィソロフィ(ホンダイズム)’みたいなものなのか??どうかは判らないが、時代は「パッケージとしての完成度」というところにシフトしていたんだけど・・・・・・。仕方がなかったのかナァ~~~。

それと「ロビー活動」が、これまた‘伝統的’にヘタなんだよネ!「ホンダ」は。これも‘根回し’よりも‘技術力’でネジ伏せてヤレ!っていうコトなのかもしれないが、・・・それもホンダイズムのひとつかもしれナイが・・・・・だったらやはりそれを証明するには「勝つ」しかなかったんだヨ・・・・・・「ホンダ」は「ホンダ」らしく!でも・・・・・・・どこかそのホンダイズムに欠けるところがこの10年間常にあったように感じるし・・・・・。

Honda007

悲しい結末となってしまったが、個人的この「第3期」で印象に残っているのは06年のハンガリーGPの優勝よりも、復帰初戦だった00年のオーストラリアGP。前年一度も完走出来なかった「BAR」が「ホンダ」とジョイントしたことで‘4位’、‘6位’のダブル入賞というカタチで活動再開出来たというコトだろうか!確かレース後の‘川井ちゃん’のジャックへのインタビューで「オメデトウ!!後は‘パワー’が欲しいネ」という言葉にジャックはホント‘ニコニコ’しながら「もうじきに‘手に入るサ!!’」と屈託もなく答えていたのが今でも印象に残っている・・・・・・。

そう、でもそれは「その時」ジャックだけではなく、ワタクシ達だれもがそう「信じて」いたハズだったのダ!!

・・・・・・、お疲れ様でした。・・・・「残念!!」

|

« TV放映された映画版「マイアミ・バイス」を観て・・・・・。 | トップページ | ‘ついに’と言うか、‘やはり’というか・・・ホンダF1活動撤退!!について その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216357/43330813

この記事へのトラックバック一覧です: ‘ついに’と言うか、‘やはり’というか・・・ホンダF1活動撤退!!について:

« TV放映された映画版「マイアミ・バイス」を観て・・・・・。 | トップページ | ‘ついに’と言うか、‘やはり’というか・・・ホンダF1活動撤退!!について その2 »