« ミニカーで辿る「BAR-HONDA(HONDA・F1)」の変遷 | トップページ | キミ・ライコネン シーズンレビュー2008 その1 »

2008年12月17日 (水)

PSA(プジョー・シトロエングループ)がHRF1買うって、やっぱガセだったのネ!

08peugeot_908_3l PSAプジョー・シトロエンは、ホンダのF1チームを買収するのではないかとのウワサは“完全に誤りである”と述べ、同社は他の自動車メーカー同様に現在の金融危機によってダメージを受けていると発言した。

 ベルギーのモータースポーツ雑誌、オートスポルトニュースは、PSAプジョー・シトロエンが元ホンダチームの買収に関心を示していると報じた。他の候補としては、デイビッド・リチャーズのインディペンデントチーム、プロドライブ(スバル・ワールドラリーチームのWRC活動終了が発表されている)、カーリン・モータースポーツ、ドバイ・インベストメント・キャピタル、アルティメート・モータースポーツ、ARTグランプリ(ニコラス・トッドがチーム代表を務める)などが挙げられている。

 今回の報道を受け、プジョー・スポールのスポークスマン、ジャン-クロード・ルフブルはこのウワサは全くのでまかせであると主張、プジョーはル・マン・プロジェクトに、シトロエンはWRCタイトル防衛に力を注いでいくとコメントした。

「あれは完全に誤りである」とルフブルはイタリアのラ・ガゼッタ・デロ・スポルト紙に対して語り、世界的な金融危機の影響で工場の一部を閉鎖しなければならない状況の中で、プジョーがF1に必要な資金を投資するのは不可能であると説明した。

「他のメーカー同様、我々は売り上げに関して大きな問題を抱えている。F1進出を考えるよりも、他に考えるべきことがたくさんある」

う~ん、やっぱありえないよネェ~~!?プジョーとか、シトロエンって元々F1にはそんなに関心がないんだよネ。しかも一度撤退してるし、「プロスト・グランプリ」にエンジン供給した時だって、アランがルノーとの関係が‘疎遠’となってしまい、やもうえずスポーツ省との繋がりから水面下で根回しし、それから元ルノーの契約ドライバーであり、当時「プジョー・スポール」のディレクターに納まっていたジャン・ポール・ジャブイーユを唆して?なんとか表舞台に引っ張り出してきたんだし・・・・・。

それに、もし「PSA」がホンダF1チームを買ったにしても‘エンジン’がないし、・・・まさか、「ルノー・エンジン」とか「フェラーリ・エンジン」のカスタマー仕様を積めるワケがないし(笑)、この冬のオフの間にエンジンを突貫工事で開発出来るワケもないし・・・・・・。

1513_800

「スバル」がWRCから撤退したコトによって、そのワークスチームのオペレーションを担っていた、デビッド・リチャーズ率いる「プロ・ドライブ」が候補の筆頭になっているようだけど、・・・確かココって「アストン・マーティン」を買収する時に、中東の投資会社(名前は忘れた?)かナンかに出資してもらってるんじゃなかったっけ??てことは「プロ・ドライブ」自体の運営もリチャーズの独断ではいかないというコトだろうし、・・・まぁ、世間の状況も状況だし、・・・中東産油国は確かに今までの‘原油高’で潤っているのには違いナイだろうけど、・・・どうなんだろうネェ~~?最近の「米国WTI」や「東京市場」での原油価格の下降で「OPEC」も騒いでいるみたいだし、・・・それでも‘十分’儲けただろうしネェ~、連中は。

まぁ、どっかが買ってくれるとイイんだけど・・・・・?っていうか、ロス・ブラウンがパッケージングした‘09年車’も見てみたいし・・・・・・、もったいないよネ!

|

« ミニカーで辿る「BAR-HONDA(HONDA・F1)」の変遷 | トップページ | キミ・ライコネン シーズンレビュー2008 その1 »

F1」カテゴリの記事

コメント

管理人さん、こんな話あったのですね。なんだったら、ソルベルグやローブを乗せてやったら面白そうですね(笑)

BARの話読ませていただきましたが、その頃からF1を見てるものとしては懐かしい・・・
琢磨への厳しい仕打ちも悲しかったですが。

投稿: しん | 2008年12月19日 (金) 23時38分

しんさん、お久しぶりデスhappy01 ‘リーマン・ショック’に始まった世界的な金融不安も今だその‘着地点’が見えず、その影響力の波はモータースポーツ界全体を覆ってしまっているようですネ。

F1界も来季から大幅なコスト抑制を、‘生き残る’為に本気で始める様ですし、WRCでは「スバル」、「スズキ」が相次いで撤退を表明、「フォード」、「シトロエン」は活動継続というコトの様ですが、「フォード」はホント大丈夫なのかナァ~?「ビッグ3」に対する米政府の緊急融資が決まった様ですけど・・・・・。まぁ、「クライスラー」に比べれば「フォード」はまだマシなのかナ?それでもしっかりとした‘再建計画’を構築しないと米議会、あるいは米世論の支持は得られないでしょうネ。自動車米市場が縮小してしまっている為に、‘輸出’によってそれに依存している日本自動車メーカーも‘円高’が進む為替レートなどを含んで気が気じゃないでしょうし、今朝の朝日新聞に「ホンダ」福井社長のインタビュー記事が掲載されていましたが、かなりの‘危機感’を訴えていました。

よって、「NASCAR」、「IRL」などにもその影響力は当然のコトながら及んでいるみたいですし、「ホンダ」は当面IRLのエンジン供給を含めたシリーズサポートは継続するとのコトですが、この先どうなるか?というのはやはり不透明でしょう・・・・・。

ホント、どうなってしまうんでしょうネ!?

投稿: JUNchan27 | 2008年12月20日 (土) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216357/43448148

この記事へのトラックバック一覧です: PSA(プジョー・シトロエングループ)がHRF1買うって、やっぱガセだったのネ!:

« ミニカーで辿る「BAR-HONDA(HONDA・F1)」の変遷 | トップページ | キミ・ライコネン シーズンレビュー2008 その1 »