« 2008 F1日本GPより無事「帰還」! | トップページ | 2008 F1日本GPより無事「帰還」!その3 終わってしまった(完全に)キミちゃんのタイトル争い(涙) »

2008年10月15日 (水)

2008 F1日本GPより無事「帰還」!その2 シャトルバスについて

前回はとりあえず「さわり」の部分だけ書いたんだけど(ちょっと疲れていたし、昨日も仕事だったし)、今回は例の「シャトルバス」の件について書いてみようと思う。

まぁ、結論から言えば今回のシャトルバスでの観客輸送という部分に関しては、まさに「パーペキ」と言える出来だったと思う!実を言うと、個人的にはあまり期待していなかったんだよネェ~、っていうか、去年の一件で実は「トラウマ?(つまりPTSD?)」的になっていたし、バス輸送については。それでも天気が「晴れsun」にさえなってくれればイイや?なんて思っていたのダ。

しかし、土曜当日の瀬田界隈の友人M宅に「オタッキー仲間」が朝6時に集合した時点では晴れていたんだけど、いざ出発!と国道20号を調布ランプに向かっている段階でなんと「雨rain」が降り始め!「エ~ェ!今年も雨かヨ~~sad」と嘆き始め、それぞれの脳裏には去年の「悪夢」が・・・・・・・。しかも中央道は渋滞しているし。まぁ、それでも覚悟を決め「山中湖」目指して「レッツゴー!!」となったのダ。やめるワケにもいかないしネ!なんとか渋滞もやり過ごし、「山中湖駐車場」に到着、いざバス乗り場へ。「今年はどうなのヨ??」ってな疑心暗鬼な感じで向かってみたのだけど、「・・・・・・?」すでに数台のバスが乗り場で待機しており、スムーズに乗車、でもってすぐに発車と全然問題ナシ!車中ではインフォメーションも有り、しかもルート渋滞もなくFISCOに到着。バス降車場(乗り場)も去年のように地場が土ではなく、ちゃんとアスファルト舗装がなされていたし、これまた問題なく降車できたのダ。「ここまでは完璧ネ!帰りはどうなんだろ?」ってな感じでバスを降り、雨が止まないので「雨ガッパ」を着てコースに向かい、「フリー3」まで時間があったので各自散開して「お買いモノタイム」。

まぁ、フリー3や予選、レースについては次回以降にするとして、土曜日帰りの「懸案」となっていたバスも拍子抜けするぐらいに「待ち時間ゼロ」で乗車、でもってこれまたすぐに発車とモノスゴク優秀で、これは観客動員数が最多となる決勝日の日曜も変化が無かったのダ!!ホント全然期待していなかったんだけど、ここまで向上しているとは!って思ったし、「やれば出来るじゃない!!」って感じflair でもこれが当たり前なんだよネェ~ホントは!!実は去年が本気でちゃんとした「シュミレーション」や「オペレーション」を何もやっていなかった?のではと思えてならない。甘く考えていたのかもしれないし、判らないけど。ようはコレってつまり「需要と供給」のバランス(各駐車場の動員数とそれに見合ったバス台数の最短時間での確保、それと人員の数とその配置など)が取れていれば問題なくオペレーション出来そうだし?なんで去年からそれらを履行しなかったのだろう・・・!?

後で判ったコトなんだけど、シャトルバスの台数も去年比で倍の「1600台!」を用意したというコトらしいし、人員もやはり倍増、そして収容観客数は前回よりも「約2万人減」としたようだから、上手くいって当たり前なのかナ??ってコトは今回の「日本GP」はトヨタさんにしてみれば実はモノスゴイ「大赤字」というコトなのではなかろうか!?しかしながら、それにも増して「トヨタ自動車」としての世界的な「信用」と「威信」を守るというコトの方がやはり「至上命題」だというコトだったのだろう!と思う・・・・・。でも「お客」の立場から言えば、この「シャトルバス方式」は今回のように上手くいけば、とても快適なんだよネェ~~。サーキットに入る時も、出る時も渋滞ナシだし(日曜の帰りは多少スピードウェイ内でバス渋滞があったが、コレはしょうがナイでショ)、ボケ~っと座っているだけでイイしネ!まぁ、日曜帰りの駐車場から出る方が渋滞して大変だったけど、ウラを返せばこれは「シャトルバス移送」が成功しているっていうコトの表れだと思うし、欲を言えばこの駐車場にもう少し車を誘導出来るだけの人員の増加と配置が出来れば、駐車場渋滞ももっと緩和出来るハズだろうしネ!

来年の日本GPは「聖地」である鈴鹿サーキットでの開催だけど、今年みたいに上手く運営が出来るならば、来年も富士でやってくれないかナァ~~、東京からも近いしネ!なんて身勝手なコトを考えてしまう今日この頃なのダ(笑) ここまで上手くいってしまうと、来年のホンダは(鈴鹿は)相当プレッシャーが掛かってしまうのでは?なんて想像してしまう?

Cimg1146

Cimg1147

Cimg1163 Cimg1170

Cimg1172

上の写真はフェラーリ・ブースに展示してあった「F2008もどき」のF2005と、これまたマクラーレン・メルセデス・ブースに展示されていた「MP4-23もどき」のMP4-22、そしてデンソー・ブースに置いてあった「TF106?」とそのコクピット周辺の写真。

Cimg1177 Cimg1178

これは当然ながらワタクシが「倒産前」の恵比寿某ショップで格安購入した「キミちゃん帽」と、同行してくれた友人Sが当地で購入した「マッサ帽」の対比写真。サイドのゼッケンの違いだけではなく、ツバ部分に挿入されているサインのデザインも全然違うのネ。初めてしりました。

次回は、レースや場内サービスのコトか、「戦利品?」のコトでも書こうかナ??どっちが先になるかはその時の気分次第というコトで・・・・・・、しばらく「富士ネタ」でヒッぱろうかナ?  つづく・・・・・・のダ??

|

« 2008 F1日本GPより無事「帰還」! | トップページ | 2008 F1日本GPより無事「帰還」!その3 終わってしまった(完全に)キミちゃんのタイトル争い(涙) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216357/42779990

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 F1日本GPより無事「帰還」!その2 シャトルバスについて:

« 2008 F1日本GPより無事「帰還」! | トップページ | 2008 F1日本GPより無事「帰還」!その3 終わってしまった(完全に)キミちゃんのタイトル争い(涙) »