« 旧TVシリーズ「マイアミ・バイス」シーズン3動画集!! | トップページ | 新内閣「チーム麻生」始動!! »

2008年9月23日 (火)

ネタぎれ・・・・・!だけど、・・・あれこれ。その18 勝手きままに最近の「F1考察」

例のベルギーGPにおけるルイスの「ショートカット」事件についてのマクラーレン・メルセデス側による控訴審判決が「FIA国際控訴裁判所」により明日23日、裁定が下されるようなのダ、どうも・・・。

前回の「ネタぎれ」の時にも書いたが、この一件の後、「曖昧」だったショートカット時のドライバー間(チーム間?)による見解の相違に対して、FIA側から「ショートカット時はそれ以降のコーナー2つ分はポジションを維持する」という正式な見解発表がなされた。

F12008belxp0970

過去、これまでのこの手の「控訴(提訴)」に関して言えば、スチュワードの裁定が覆った例は非常に少ないのだが、・・・・・!どうなんだろうネェ~、今回の件に関しては。個人的に思うのだが、もしもこのショートカットがレースのもっと早い段階で起きていれば、間違いなくルイスとマクラーレン・メルセデスは「ピットスルー・ペナルティ」を受け入れざろうなかっただろうし、これに関しては「控訴」出来ないコトとなっているようだし。しかし、タイミングがタイミングなだけに、そして見解自体が「曖昧」だっただけに問題が少し複雑になってしまったのダ。マクラーレン・メルセデスサイドは、レース・ディレクターに「2度」も自分達の行動の正当性を問い合わせ、問題がないというコトを「確認」している!と主張しているが?ただ、ドライバー達の論調は、

「間違いなくルイスは最終シケインをカットしたコトによってキミに対して1コーナーでのアドバンテージを得ている!なぜなら、通常どうりにシケインを通過してきているならば、ストレートの短さからいっても1コーナーでオーバーテイクするのはまず不可能だからだ」

というモノ・・・・・・!いったい、どんな裁定が下されるのか??残り4戦というところでもし、ルイスが結果を回復することができれば、彼は判定で失った4ポイントを取り戻すことになり、マッサは逆に2ポイントを失うことになる。そうなればルイスは一気に7ポイント差をつけ、チャンピオンシップポイントテーブルで圧倒的に有利な立場となるのダ。ビミョー!!

F12008belxp0952

それと、前回のイタリアGPでもそうだったのだが、我がキミちゃんコメントが「愛機」F2008のブリヂストンタイヤの「熱の入り」がヒジョーに悪いと嘆いているというのがこれまたヒジョーに気になるのダ!!・・・??それに比べ、MP4-23は「瞬く間に?」タイヤが作動温度域に到達するというのはいったいどういうコト??なの。元々、ブリヂストンタイヤといえば我が「スクーデリア」中心に創られていた?と思うのだけど、まぁ、それは「ガリバー」ともいえるべき「ミシュラン」との世界対戦をF1というフィールドで行ってきたからというのもあったからなんだとは思うけど、それでも「ひいき目」にみても過去から現在に至るまででブリヂストンタイヤのデータ(とその解析力)はフェラーリが1番豊富に持っているハズなのに!?・・・・・、良く判らないし、不思議なんだよナァ~~?それか、単にマクラーレンのエンジニア達がフェラーリのエンジニア達よりも優れているっていうコト?なのか??あるいは、・・・・・あまり考えたくはナイが、実はブリヂストンタイヤ自体が「マクラーレン寄り?(メルセデス寄り?)」になって行っているというコトなの??かナァ~、ホントのところは判らないが、ただ今までのルイスのドライビングスタイルから想像出来るコトといえば、「彼」は間違いなくタイヤの使い方に関してはモノスゴク「ハード」だというコト(特に、オーヴァーステアを好む為に)の様だし、それは多分「フロント荷重」があまりにも大きいがゆえに、フロントタイヤは常に「オーヴァーワーク」だったに違いない(つまり、タイヤ管理が難しい)と思えるのダ。だからなのかナァ~って勝手に想像しているんだけど。それに、ここ最近「バーニー」がルイスのコトを、まるで「パンダ」のごとき持ち上げているし・・・・・。

じゃ、コヴァライネンは「どうなのヨ?」っていうコトになるのだけど、このドライビングスタイルの違うチームメイトはここ最近ミョーに速くなっている。そうなんだよネ、矛盾点で言えば。・・・、ひょっとしたら、その辺に「マクラーレン」と「マイクロソフト」の共同開発による「共通ECU」のミソ?あるいは、強みがあるってコトなのか、どいうなのか?????

F12008fraeg0023 ハナシは変わって、フェルナンドの来年以降の去就問題!最新のニュースによれば、我がキミちゃんが2010年まで「スクーデリア」との契約を更新したが為に、その行き場を失い、「ルノー残留」以外に来年以降の契約の道を無くしてしまったようなのであるが・・・。しかしながら、ここにきて、その新たな「出口」を見つけるべく、去年「袂を分った」マクラーレン・メルセデスに対して「色目」を使っているようなコメントがスペイン系メディアに掲載された様なのダ。ていうか・・・・・・、気持ちは判るよネ、いくらがんばっても今のルノーじゃ、優勝するどころか、ポディウムの端っこに上るのも難しいぐらいなんだから!!フェラーリがダメならやはりマクラーレン!と考えるのは至極当然のコトだと思うし。だって、勝ちたいんだからサ、フェルナンドは。

実際問題として、彼の去就はシーズン終わり近くにならないと、決着をみないようなんだけど・・・・・、現実的にルノーとBMWザウバーの戦闘力の差ってどれくらいなのかネェ~~。

|

« 旧TVシリーズ「マイアミ・バイス」シーズン3動画集!! | トップページ | 新内閣「チーム麻生」始動!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216357/42559952

この記事へのトラックバック一覧です: ネタぎれ・・・・・!だけど、・・・あれこれ。その18 勝手きままに最近の「F1考察」:

« 旧TVシリーズ「マイアミ・バイス」シーズン3動画集!! | トップページ | 新内閣「チーム麻生」始動!! »