« ウィリアムズFW30 2008仕様カラーリング発表!! | トップページ | どうなる!?「スーパーアグリF1」!! »

2008年3月 4日 (火)

アラン・プロスト 現代のF1ドライバーに苦言!

Prost07_2  今季から電子制御ドライバーエイドが禁止された新世代のF1について、元世界チャンピオンのアラン・プロストは、それでもまだ彼の時代とは比較にならないほど簡単な乗り物だと語っている。

「最近のF1には、好きになれないものがたくさんある」と、彼はイギリスのデイリー・メール紙とBBCのインサイド・スポーツの共同インタビューに答えて述べた。

「金とか政治とかテクノロジーの話が多すぎるんだ。そういうものがなければ、F1はずっといいものになりうるのにね」

 プロストによれば、彼が特に幻滅したのは、最近のF1カーが誰でも簡単に運転できるように見え、月並みなドライバーでもすぐにF1に乗れることだという。

「私の時代には、ドライバーはもっと重要な存在だった。クルマを乗りこなす手助けをしてくれるようなテクノロジーが発達していなかったからだ。今のドライバーたちは1周目から最後の周まで、ただできるだけ速く走ればいいと思っている。クルマは速くなったが、ドライバーは頭を使っていないし、高度な戦術や戦略もない。そして、ドライバーとエンジニアの共同作業も少なくなった。私が好きなF1とは別ものだ」

Honda_019 

「昔からクルマとチームはドライバーよりも重要だったが、私がレースをしていた時代には、少なくともひとつ確かなことがあった。速いドライバーは誰と誰なのかがハッキリしていたんだ。今はそれが明確ではない。グリッドの上から3分の2にいるドライバーを適当に選んで、速いクルマに乗せれば、それで勝ててしまうんだ。昔はそうではなかった」

 ルイス・ハミルトンについても、その才能を正確に見極めることはできないとプロストは言う。

「ほとんど経験のない新人ドライバーがF1に来て、いきなり速く走れてしまう理由もそこにある。まるでプレイステーションと同じなんだ。ルイス・ハミルトンだってそうだ。彼は超人的な天才なのか、あるいは平凡なドライバーなのか。F1カーが楽に乗れるようになってしまっているから、その判断は難しいと思う」

<AUTO SPORTS web より>

う~ん、確かに言えてる部分もかなりあるよネ!現代の(去年までの)F1マシンは1/1の「ラジコンカー」といえるところもあるしネ・・・・・・。

91643_prosto

開幕前のテストで今年から適用される「標準ECU」の影響でなのか、テスト開始直後のドライビングではアプローチの「ブレーキング」でスピンするドライバーが多かったようだし。っていうことは、「左足ブレーキ」を繊細に出来るドライバーが実際にはそんなに居なかったという事なのかナ??どうなんだろう??

いかに「エンジンブレーキ・コントロール」の威力が効いていたかが判るネェ~、「ABS」はレギュレーションで禁止されているにも関わらず、それと同じような「制御」がエンジンコントロールで出来ていたのだからネェ~!?

ジャックが引退する前に「機械が勝手にドライブしている」というコメントもよく判る気がするよネ!

Jv0514

我がキミちゃんがテスト開始早々から問題無くクルマをコントロールしていたのに比べ、いままで「アグレシッブ」と言われていたマッサが実際はかなり苦戦していたというのが、そのイイ証明かもネ!!

だからと言って、過去のドライバーの方が全てにおいて現代のドライバーよりも優れているとは言い切れない気もするんだけどネェ~!?確かに、アイルトンとアラン、それとナイジェルは抜きん出ていたけどネ・・・・・・・!

この「エンジン・コントロール(あるいはトラクション関係のコントロール)」の実態と疑惑は過去から枚挙に暇が無いのだけれども・・・・・、マイケルのドライビングにしたって、その辺のハナシになってくれば、いったい「どうなんだろう?」ってな感じになってしまうしネ??

|

« ウィリアムズFW30 2008仕様カラーリング発表!! | トップページ | どうなる!?「スーパーアグリF1」!! »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216357/40375078

この記事へのトラックバック一覧です: アラン・プロスト 現代のF1ドライバーに苦言!:

« ウィリアムズFW30 2008仕様カラーリング発表!! | トップページ | どうなる!?「スーパーアグリF1」!! »